こんばんは。

アルコール依存症の小原庄助です。

おかげさまで酒は止まっております。



2001年に自営業をたたんで今現在の住所に引っ越してきました。
一日中いやな汗をかきながら、手の震えを止めるために一日中飲んでいたころです。
まるで夜逃げするようにこそこそと、近所にろくに挨拶もせずに…

正直なところ当時の記憶はあまりありません。
ところどころ虫を食ったように記憶が飛んでいるのです。
紛れもなく、部分的なブラックアウトです。

今のアパートに10年は住んでいるにもかかわらず、目の前には引っ越してきたときのまま未開封のパッキンケースが並んでいます。
明日やろう、近いうちに片付けよう、そう自分に言いながら先送りし続けて10年経つのです。もっとも、早々必要でないのが分かっているものなので放置してきたということもあるけど、やはり片付けれない性分のようです。


最近年齢のせいか気弱になりました。
いや、アルコールが抜けきった今、本来の性格に戻ってきただけなのでしょう。

ギャンブル中毒の親父の暴力から逃げたい一心で、早くから一人で生きはじめたものの、渡る世間を舐められずに突っ張るにはアルコールの勢いが必要でした。今考えたら本来は気弱な人間、酒無では生きてこれなかっただろうと…

独りの生活はとても気楽な反面、息が詰まりそうなほど寂しいときがあります。
以前のように酒に溺れれば一時のしのぎにはなるけど、それで解決しないことは明白。逃げ場がないというのはほんまにしんどい。

大の男が、めそめそしてるときには必ず過去の思い出に浸っています。
何年も前の使いもしないものたちを片付けようと作業をはじめると、落ちてしまうんです。

食器や家具、服や、レコード。
鉛筆やノートにまで家庭を持っていたころの楽しかった思い出が残っています。

しかし過去にしがみついていたのでは新生できない。
こんな簡単なことに50代半ばになってはじめて気づきました。


思い切って、捨てるぞ〜
飲んで楽になる道はもう選びたくない。
人生やり直すには歳食いすぎたけど、過去を断ち切ろう!

やっとそんな気持ちになれた。

さぁ、年末までにバンバン整理して身軽になってやる。