アル中 −アルコール依存症との戦い−


アルコール依存症(社会生活から抹殺)  →  死に至る
この図式から正常に戻りたい。 別に死ぬことへの恐怖は無いが命ある以上まっとうに生きたい。その思いを日記に記す。

タグ:薬物

アディクション/依存症と回復
〜当事者・自助グループからの発信〜

7月6日(日)
依存症やアダルトチルドレン、あるいはその家族に対して自助グループからの参加を呼びかけるフォーラムがあり、行ってきました。


断酒会(アルコール依存症の仲間)
AA(アルコール依存症の仲間)
DARC(薬物依存のリハビリ施設)
MAC(各種依存症リハビリテーションセンター)
ACA(アダルトチルドレンの仲間)
ACODA(アダルトチルドレンの仲間)
SA(性依存の仲間)
NA(薬物依存の仲間)
EA(感情や情緒の問題を持つ仲間)
摂食障害の仲間
ギャンブル依存症の仲間
共依存の仲間
各種依存症の家族


これだけアディクションが勢ぞろいしたフォーラムははじめてである。
みんなの体験談を聞かせてもらって、依存の対象物は違えども、依存の根っこは全て同じである事を改めて痛感した。

また、依存する事で発生する「報酬効果」のメカニズムも対象物が違っても同じである事も勉強できた。

「アディクションからの回復」
というテーマで精神科ドクターの講演もあった。

依存症治療の大御所である「久里浜式プログラム」とは、また違った観点のアルゴリズムも紹介があり、なるほどと思えるがこれは専門家にお任せして、酒害者当人としては参考程度に聞かせてもらった。しかし、ここ10年で依存症治療は画期的に進歩したが、今後10年でますます進化する事も確信でき、将来は明るい。

色んなトラウマや依存症に苦しんでいる仲間が居り、またその行き詰まりから回復していっている仲間がいる。

苦しいのは自分だけではない。

依存症、決して特殊な病気ではないのだ!

アディクションフォーラム






今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

ご喜楽な気分で膨らみかけたポケット

怒りで裂けてしまったポケット

哀哀とした孤独感にぽっかり穴の開いてしまったポケット

心のポケットはいつも何か詰め込んでいないと安心できない

酒を止めればギャンブルに

シャブを止めればアルコールに

常に何かに依存することでポケットを一杯にする。

これを「依存のもぐら叩き」というらしい。

結局はクロスアディクションである。


そのクロスが読書であるとか、ランニングであるとか、無害なものであれば問題ないだけであって、人の心とはそういったものだと思う。


違法ドラッグよりは合法ドラッグ

合法ドラッグよりはアルコール

飲酒よりは喫煙


精神科で言うところの「アディクション」とは社会や体や心に害のある依存を指すようだ。

借金してまでの買い物癖であれば立派な「買い物依存」、借金しなければ「日常生活」
読書にしても然り、ブログにしても然り、ミクシイなど「ミク中」という言葉まで発生している。これも度を越せば立派なアディクション。

要するに人の心は、いつも複数の依存で満たされていないと駄目なのである。

だからバーベキューでもピクニックでも、害のない「もぐら」であれば叩かれることはない。そういった気持ちで、チーム「もぐら」と名付けたのであります。

あと数十分で、断酒109日達成!



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

このページのトップヘ