今夜は断酒後の経過をふり返ってみる。

先ず山形飲酒の頃はアルコールを受け付けなくなって2〜3週間断酒しても手の震えは止まらなかった。汗、痙攣、動悸、下痢は断酒後、5日間が山でそれを過ぎるとなくなりはしないが軽減する。しかし、皮膚掻痒感、不眠に関しては軽くなる気配もない。

結核で入院し約1ヶ月断酒すると手の震えは止まった。普通に近く文字も書ける。水のような下痢も軟便になる。動悸、汗、皮膚掻痒感、不眠も軽減する。悪夢は20日間くらいの断酒で見なくなった。無意識に暴れることもなくなった。

離脱の山は5日から1週間、これが最大の山場。それだけに非常に苦しい。
次が3〜4週間くらいに山がある。これを乗り越えると苦痛に感じる離脱症状は軽減される。

スリップと断酒を自己流で繰り返し、全体的な飲酒量が減ることで大きな手の震えは無くなった。しかし緊張すると冷や汗、全身の震顫、動悸はパニック症として現れる。

それと忘れてはならないのが、いきなりズキッとくる痛み下肢に多く感じた。それと手と足の痺れ感。正座を続けたときのような痺れが足の親指側と手の小指側に常時出ていた。これも約1ヶ月間の断酒で消えていく。

専門医に繋がってその日から再度断酒はじめる。自己流の断酒のときは不眠で一晩中離脱に苦しんだが、クリニックで処方してもらった睡眠導入剤と睡眠持続剤がよく効き、寝ている間は離脱の苦しみから開放され、比較的楽に断酒はじめることが出来た。といっても最初の一山(1週間)は苦しい!

断酒2週間目頃、突然激しい動悸とこむらがえりが1日中再発する。特に変わったことは無いので原因は分からないが苦しかった。しかし1日だけで終わる。

3週目から4週間後くらいまで食後の動悸が激しくなる。細かな不便を感じるほどでない程度の手指の震えもおきる。どうもこれは空腹時のようだ。血糖値が深く関係しているように思う。さらに、アルコールに対する未練からか、飲酒欲求もわいてくる。ちょうどこの頃断酒1ヶ月を目前に第二の否認が始まる。

「本当に俺はアルコール依存症なのか?」というかたちの否認。

偶然にも痔の手術を受けることで、飲酒欲求は術後の痛みで押さえ込まれる。しかし、この頃から副鼻腔炎が悪化し、胴回り、胸、背中、首とニキビ(ざ瘡)が大量に出来る。同時期に左肩に突然痛みが出はじめ、肩関節の可動範囲が狭くなる。どれも現在進行形。

皮膚科(ニキビ)、整形外科(肩)を受診するが原因は不明。対処療法を受けるが治癒しない。副鼻腔炎に関してはCT撮影の結果、手術の必要はないそうだがこれも現在服薬治療中。

まるで断酒を始めたことがきっかけで、どんどん体が悪くなって行くかの感じを受けるが、前向きに「好転反応」と受け止めることにしている。


しかし昨夜、久しぶりに地元断酒会の例会に出席して名簿に名前を記入しかけると、手が震えて字がまともに書けない。心臓もバクバク。これって何?パニック?断酒もまもなく4ヶ月になろうとするのに!

なぜ?

今日、精神科のドクターに予定外の診察を受け、たずねると「分からない」と答えられる。ここまでくると好転反応なんてのんきな事は言ってられない。元シャブ中の友達と話すと、彼女も鬱とパニックと吹き出物に悩んだという。吹き出物は現在はないらしいが、自分と同様のパニックはあるようである。

やはりドクターは依存症の経験が無いから臨床と統計でしか理解できないのである。やはり仲間でないと理解しあえないものがある。残念なことだが仕方ない。それを知っただけでもパニックは遠ざかりそうな気がする。


飲酒欲求や離脱症状ではなく、別の戦いが始まりかけている。
「アルコール依存症」とは、本当に厄介な病気である。


今日頑張れば、断酒116日!



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ続きを読む