アル中 −アルコール依存症との戦い−


アルコール依存症(社会生活から抹殺)  →  死に至る
この図式から正常に戻りたい。 別に死ぬことへの恐怖は無いが命ある以上まっとうに生きたい。その思いを日記に記す。

タグ:精神科

自分自身、なぜ専門医の門戸を叩いたのか?

当時、アルコールの離脱症状を覚えはじめその辛さに悶絶し、酒を止めたいが止めれない。飲んで死ぬなら本望とか、今夜は飲まないと激しい二日酔いの朝に決めながらも夜には飲んで明日から止めようなどと日々先送りし、やはりなんとかしたいと思いながらも3日以上酒無しで過ごすことは出来なかった。

三度ほど一月間くらいの禁酒が出来た事もあるが、これは今思うと体が弱りきって「飲めなかった」だけなのである。

私の離脱症状は

名前が書けないほどの手の震え
緊張すると脇の裏などに滝のように流れる冷や汗
全身に虫が這っているかのような猛烈な痒み
手先、足裏など末端の痺れ
下肢に時折現れる疼く痛み
ふくらはぎに始まり、腕、腹筋などあらゆる箇所のこむら返り
心臓が破裂するのではないかと思うほどの動悸
強烈な不眠(眠れてもごく短時間しか眠れない)
心霊現象と思えるような幻覚
  (しかし今思い出したら凄い症状やぁ、今はほんまに楽や〜)

これらの現象が酒が切れるにつれて出始める!
それが酒を飲み始めたら全て感じなくなる。
まるで嘘のように・・・

飲み続けていれば、これらの離脱症状の存在さえ勘違いだったように思えるから酒に酔うというのは恐ろしい!
夢と現実の違いさえ分からなくなる。

こんなことを繰り返し、離脱症状の恐ろしがつくづく身に染みて、しかし自分の根性だけでは止めれないことを悟り、藁をも掴む気持ちで専門医の門戸を叩いたのだ。


結果、簡単やった!
コロッと一撃で眠れる量の睡眠剤を処方してもらえた事でほぼ解決した。
もちろん飲みたい気持ちを抑えるのは医者の力でも神さんの力でも何でもない!
自分の根性だけである。今日一日飲まないという意思だけなんだ。

一日なんとか酒を我慢して、強力な眠剤に頼れば離脱が出て苦しむ間もなく眠れる!
まぁ、アルコールを睡眠剤に置き換えているだけだが、問題の酒は飲まなくて済む。
簡単なことのようやけど、私はこれでアルコールの大離脱を乗り越えることが出来た。

内科のドクターに不眠症で相談しても愛想程度の眠剤しか処方してくれない。
おそらくは薬の悪用や習慣性などの副作用を考えてのことと思うが結果効果は無い。

しかし精神科のドクターはその辺をよく心得ている。
アル中にお愛想程度の眠剤が効かないことを!

こんな事すら薬物専門のドクターでないと分からないのだ。
たかが眠剤の質と量だけでもとても重要な事なんである。

もちろん眠剤の処方などはほんの一部で、アル中を知り尽くしている専門医でないとアル中に対処する事はとても難しい事だと思う。

もし、酒を止めたいと思う気持ちが少しでもありながら悩んでいる人がいらっしゃるなら、迷わず専門医の門戸を叩く事を強くお勧めします。先ずは電話してみるだけで救われますよ〜


自分ひとりの力でどうにもならないと感じた時、
専門医の力を借りて、根性を見せれば酒は止まります。
しかし、継続はやはり自分ひとりの力では難しい!
寒椿(サザンカシシガシラ)

Run&Walk 11.20km
断酒: 991日
禁煙:1830日
前回の飲酒未遂から:62日*
    Share (facebook)

Masaさんへ

アルコール依存症の入院治療についてですが、基本的には本人の同意が無いと入院治療は出来ないそうです。人道上、人権上の理由から患者本人の同意が無い場合拘束は72時間までしか法的に無理との事。

例外的に症状が酷く、放置することで自傷、他傷などの危険があると考えられる場合は措置入院という方法をとることが出来るそうですが、やはり患者本人が自分で判断出来る(同意しない)間は強制的には拘束することは出来ないということでした。

結局のところ家族の方が諦めずに専門医に係り続けて本人を説得するしかない、周りの方が変われば酒害者本人の考えも変えることが出来るという事なのですね。

力任せで入院処置をとっても法的に拘束できない以上、本人が退院してしまえば元の木阿弥で逆に本人さんが頑なに否認することに繋がり、周りとの人間関係まで破綻する事になり逆効果との事でした。

やはりこの病気は酒害者本人が底つきし、自分から治療に専念する気持ちにならない限り、治療のスタートは出来ないのですね。

周りの方も絶対に諦めずに、専門医や自助グループの家族会につながり続けることでアルコール依存症に対する知識を深め、酒害者本人を説得し続けるしかないようです。


軽率にも、強制的になどとコメントしてしまい申し訳ありませんでした。
先ず、もう一度諦めずに専門家に相談してみてください。

私のブログを読んでくださってる方で、良い対処法があればコメント頂ければありがたいです。皆さん、よろしくお願いいたします。



今日も読んで下さってありがとうございます。
応援お願いいたします!
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

アルコール依存症

このように診断されると本当に一生酒を飲んではいけないのか?先日来の疑問である。

昨年5月9日に現在通っているアルコール依存症専門精神科Fクリニックで「アルコール依存症」と診断され、節酒という手段の治療法は無く、断酒しか選ぶ道はないと通告され、それを受け入れその日から断酒を始めた。

死ぬほど苦しい離脱症状を耐え抜いて来て現在断酒275日目である。あの苦しかった離脱症状を繰り返したくないのも事実である。

血液検査の数値上はアルコール性肝炎も回復し、その他数値上は健康体そのものである。
吐血をすることも無くなり、膵炎の痛みも無く、血圧も極めて正常。
手足の痺れと左肩の痛みと尋常性挫創(吹き出物)には悩まされているがこれらに関してはアルコールが原因かどうかは定かではない。俺自身は長年に渡る飲酒が原因と思っているが、ドクターは因果関係を認めない。

いっそのこと飲酒が原因の疾患であれば断酒に対する疑問もまだ湧き始めることはなかったと思う。もっとも何れぶち当たる壁ではあると思うが・・・


アルコール性肝炎の回復も数値上のものであり、最飲酒することで簡単に肝臓の繊維化が進み肝硬変へ向かうことは知っている。きっと解明こそはされていないが心身に及ぼす酒害というものは計り知れないと思う。

ただしあくまで過ぎた飲酒をした場合の話である!

どこまでの飲酒が適量なのかは個人差があり数値化は出来ないと思う。体質や生活習慣など飲酒以外の要素が複雑に関与した結果適量が決まるのだから!

しかし適量なら問題はないはずだ!
ところが適量の飲酒ですまないのが「アルコール依存症」。

飲酒のコントロールが出来ない病気であると教わっている。一度壊れたコントロールは現在の医学では完治できないらしい。あくまでも臨床結果だけである。それが理論的に解明されているわけではない。

ここ数日間、そこのところに葛藤している。
本当にコントロールが効かないのか?誰もがぶち当たる壁らしい。そしてそれを試すがごとく実験してことごとくアルコールに敗北するらしい。


明日はクリニックでの診察日である。
一応、ドクターに今の気持ちを伝えてみようと思う。

「本当にコントロールできないのか試してみたい!」と!

まぁ答えは予想がつく。

「どうしても試してみたければ試したら?
 間違いなく、以前より悪くなってマイナスからの再スタートになるよ。
 無理に止めないからお好きなように!」

ここまで分かっているのに葛藤が続く!
これもアルコール依存症という病気の正体なのか?

飲むのはいつでも飲める。
もう少し考えてみよう!


今日も最後まで読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

今日もいつものようにクリニックに出勤。

本当に出勤している感じだ。休診日の木曜と日曜以外は毎日精神科に通っている。
診察は、月、水、金。点滴は休診日以外毎日。院内ミーティングは月、火、金、土。
水曜日には上手い具合にクリニックの近くで断酒会の昼会がある。要するにクリニックへの出勤日は必ず午後にミーティングがあることになる。で、金曜の夜は地元断酒会例会。といっても未だ入会していないので、客分での出席。

もうボチボチとどこかの断酒会に入会しないと気まずいと思いつつ、ジプシーを続けている。AAは自分には合わないようだが100%切り捨てたわけではない。でもおそらくは断酒会の方向になると思う。

地元断酒会の例会会場は我が家と一本の道路を隔てた真向かいのビル。近すぎて便利極まりないが、この会の会員さんは地元に住んでいる人がほとんど居ない。職場が近所という関係の方が大半なのである。会長さん自身が他の地区に住んでらっしゃる。私の住んでいるところがオフィス街なので仕方の無いことなのだが、何かあったときに近くに仲間が居ないというのはなんとも心細い。そんな事情で隣の地区の断酒会を検討している。

ここ最近の調子はよい。特に今日は!
このペースで断酒が続けば社会復帰の目処も立ちそうだ。
問題は院内での対人関係、これを解決しない限り自分自身の回復は無い。
些細なようで大きな落とし穴だ!
自分自身の答えは出ているが、なにぶん相手のあることだけに展開が読みにくい。
他人に踊らされるのはもうこりごりだ!

マイペースで行きたい。

今日一日頑張れば、断酒147日



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

はじめて診察を受けたアルコール専門医とは違った別の専門のクリニックへ昨日診察を受けに行ってきた。

結果は、◎  (← にじゅうまると読んでください)

ドクターと色々話してみたが、この先生には信頼して治療を受けることができそうだ。
クリニック内のムードも良い。
ソーシャルワーカーは少し頼りなさそうだが誠実そうで良い感じだ。
仕事との掛け持ちも許可してもらえた。
その範囲でミーティングや自助グループとの関わりをもって行きましょうとの事!
良い先生にめぐり合えたと思う。
逆に必要性を感じれば自発的に仕事を辞めることもできそうだ。


先日尋ねた専門医では、診察のあとあまりにもストレスを感じたため久しぶりに大酒を食らってしまった。節酒どころの騒ぎではない。我慢して通う気にならなくて大正解だった!


結局、昨日の断酒初日は成功!
気分良く夜まで酒を断ち、動悸、虫が這うようなかゆみ等の離脱症状は出始めたが、処方してもらった睡眠導入剤と睡眠剤のおかげで離脱に苦しまずに不眠からも開放されてゆっくり眠れた。飲酒無しで快眠出来るなんて、なんとすごい事か!

今日も今のところ珍しく飲酒はしていない。
断酒2日目を成功させるため、さっさと飯食って、眠剤飲んで寝ることにします。

なんせ、寝てしまえば飲らなくてすむ。
朝起きても、車に乗る仕事があると思えば我慢できる。

きっと今日も断酒できそうだ!



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

梅を漬けるときの塩加減を塩梅(あんばい)という。

俺の酔い加減も良い塩梅である。

ここ最近はまったく酒を抜いていない。
医者にも通っていないので肝臓その他の状態も分からないが、
抗結核薬を服用していたときほど酒は不味くないので多分大丈夫と思っている・・・
が、実際どうなのか不安はある。

正直なところ酒は抜きたいが、あの動悸、かゆみ等の禁断症状が恐ろしい!

他力本願ではあるが、内科のドクターに紹介していただいた精神科のクリニックに電話で初診の申し込みをしてみた。

なんとも奇妙な感じである。
相談員みたいな人が電話に出てあれこれ質問をしてくる。
歯医者の予約とはずいぶん違う感覚だ。
なんか大変なところを受診しようとしているような感じで、生理的に挫折しそう!

一応初診の予約は取ったが、来週の土曜日まで空きはないらしい。
なんか、たいそうな感じを受ける。
すでに挫折しそうや!
この感じでいくと、断酒会とか他にも色んなものがあるそうやけど・・・
ごっつい、ダルそうで、嫌やなぁ!

全てが生理的に嫌って反応してる。

とりあえずは精神科の診察は受けてみるが、俺には合わないような気がする。

治療を受けたいのに・・・
俺の本能が、生理が、避けようとしとるわ!

依存症の理由付けか?

それとも直感か?

ええ塩梅になってきたんで、酩酊する前に寝ますわ!

おやすみ。



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

このページのトップヘ