アル中 −アルコール依存症との戦い−


アルコール依存症(社会生活から抹殺)  →  死に至る
この図式から正常に戻りたい。 別に死ぬことへの恐怖は無いが命ある以上まっとうに生きたい。その思いを日記に記す。

タグ:断酒

こんばんは、アル中のsyousukeです。

ずいぶんご無沙汰しておりました。^^;

先日(5/9)、おかげさまで断酒9年達成できました。



断酒会に通いはじめて間がないころ、「断酒〇〇日目です。」と発言したときに、後に断酒会の先輩に言われました。

「最低1年以上酒止めて初めて断酒や! それまでは、体が弱って酒を受け付けてないだけや!」

なるほど確かにそうでした。
ま、1年は大袈裟にしても、長年の飲酒で衰弱しきった体が酒を受け付けるまで回復するには1ヶ月は最低かかる。それまでは止めてるんではなくて飲めないだけ。飲める体になって初めて己の意思で断つという言葉が使える。

花見の時期に飲みたいのを我慢し、真夏にビールの喉越しをあきらめ、秋の味覚にポン酒を避け、凍える真冬に熱燗やウォッカを尻目に耐える。気が遠くなるような四季を無事に素面で過ごして、ようやく断ったと言える。

で、一年酒を断ってようやく「断酒してます」と言えるようになったと喜んでると、

「まぁ10年断って一人前や!」と、言われ

さすがに10年は長い!
でも確かに自分自身があと一年、10年にリーチかけてようやくそれが理解できる。いや、10年で一人前はずいぶん甘い基準かもしれない。俺、あと1年で一人前になれるんやろか?


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

    Share (facebook)

早いものでこのブログを書き始めて1年と2ヶ月近くになる。

当時の日記を読むと、独りで専門医にも繋がらず節酒したり、断酒しようとしたり、色々独りで苦しんでいたことが懐かしい。

今のFクリニックに繋がる直前などは生きる気力がまったく無いようだ。それでも死のうとまでは考えていなかったようだが生ける屍って感じかな?

完全に酒に囚われ、アルコールに人格と命そのものを支配されていたのが分かる。

アルコールとは本当に恐ろしい薬物である。
また入手使用することに何のとがめも無いことが恐ろしい!
色んな薬物中毒を見てきたが、アルコールが一番恐ろしいのではないか?
俺が思うにシャブよりも恐ろしい薬物だと思う。

シャブ中のように短期間で浸かって自傷するという事は無いが、長年にわたって心身を蝕み続けるのだから壊れ方も激しい!

気がついたときには手遅れというのが多いと思う。
俺のように壊れきる前に気付き、アルコールに対して無力であることを認めることが出来たのはある意味で幸せなことだと思う。

仕事も家庭も財産も健康もすべて失ったが、安物の命だけは残った。
今は健康も取り戻しかけている。
無くしたもの全てを取り戻すのは不可能に近いが、新たに造り上げることは出来る。
そのためにも酒を断ち続け、どんなチャンスも逃さないような鋼の心身を作り上げていこうと思う。

もう51歳と思わずに、まだ51歳と思えばいいのである。

どうせ人の寿命など長くて100年!
ガイア46億年の歴史に比べれば瞬間にも等しい刹那な寿命。

酒などに支配されずに自分の意思で生きてみよう!


断酒345日、一年は目の前やなぁ!


今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

今日はお世話になっているアル中専門クリニック内の「サタデーミーティング」だった。

離脱症状の回復、身体疾患の回復、心の回復、

司会であるソーシャルワーカーの説明を聞きながら、ミーティングのテーマ「飲まなくなって変わってきている事」を自分なりに考える。

最近、私の発言する順番はトップか後半が多い。ワーカーが指名する順番にどのような意味合いがあるのかは分からないが、まぁ、それなりに根拠があるのだと思う。今日は最後だった。

他人の発言を聞いている最中にふと思いだした。

最初は、我慢の断酒
次に、あきらめの断酒
そして、喜びの断酒

どこかで聴いた言葉だが、何時、どこで、だれから聞いたのか思い出せないが、自分のおかれている立場が「諦めの断酒」というポジションであると感じた。

断酒を始めた頃は飲酒に対する激しい渇望があり、必死のパッチの命がけの根性きめた「我慢の断酒」だった。で、自分よりひと月でも長い断酒歴のある先輩は限りなく神様に近いと思っていた。よくもそんなにも長い期間飲まずに居れるものだと感心していたのである。

しかし今現在はさほど我慢しなくとも酒は止まっている。
「我慢の断酒」は卒業できたのだ!

なんとなく、飲んだらあかん事が分かってるので酒を止めている。たまには飲みたいと思うこともあるが、今飲んでしまうと今までの命がけの努力の結晶が水泡に帰してしまう。これではあまりにも詮が無い。まさしく「諦めの断酒」なのだ。

で、断酒することに喜びを感じることなどできるのか?

わからん!

そんなことできるわけがない!と、思う。

俺に「喜びの断酒」などというステイタスに達することが出来るのだろうか?
はっきりいって「謎」である。

ただ、はっきりといえるのは小難しいことを考えたりブログを更新していると、酒が止まるのは間違い無さそうだ。

なんか知らんまに今日もおかげさまで酒が止まっている。残念ながら喜びはないが、少しだけ「感謝」みたいなものははあるような気もする。



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

熱燗の恋しい季節になってきた。

いくら冷え切った体でも、一杯の熱燗を放り込んでやると五臓六腑から手足の指先、爪先まで染み渡り、温まる。

カニと熱燗、てっちりとひれ酒

スキーとウォッカ

焚き火とバーボン

こんな組み合わせで脳に、体に、インプットされている。



アルコール依存症と診断され、奇跡的にも断酒しはじめ、220日。

今でこそ気が狂いそうな飲酒欲求は無いが、断酒しはじめた頃は毎日朝起きてから寝るまでの間、酒を断つことがどれほど苦しかったことか!

どれほど一日が長かったことか!

大げさな表現かも知れないが、命がけの決意でないと酒は止まらなかった。


同じアルコール専門クリニックに通う仲間には3通りのアル中がいる。


毎日通院し、点滴を打ち、帰り際に一杯飲ってる、止める振りだけしてるアル中

1週間止めてはスリップし、10日止めてはスリップするスリップ癖のついたアル中
(スリップとは酒を止めたいが飲ってしまう事)

石にかじりついてでも止め通そうとするアル中


アル中は意志が弱いから飲んでしまうのではなく、依存症という病気が飲ませるのだというが、止めるという意思が無い限り酒は絶対に止まらない!

正にアルコール依存症との闘いなのだ。

戦うには先ず相手を知る必要がある。アルコールが相手ではない。

相手はアルコール依存症という病気を抱えたおのれ自身なのだ!


アルコール依存症という病を知り、おのれ自身がアルコール依存症であることを認めなければ、アルコールを断とうとする意識は芽生えない。

病気を認めてしまえばあとは根性で酒は止められる。

しかし、いつも耳元で悪魔が囁く。


お前は依存症ではない。だから飲んでも大丈夫!

一杯くらい飲んでも問題ない。

もしかしたら、アルコール依存症という診断は誤診かも知れないぞ!


ってな具合に、悪魔が囁くのである。

これは幻聴ではない。

聞こえるのではなく考えてしまうのだ。


先ず第一にアルコール依存症という病気を知ることが必要だが、理解できないほど頭の悪い阿呆では酒は止めれない。

理解できても止め続ける根性がなければ酒は止めれない。


俺はど阿呆なのか、ヘタレなのか、アホでヘタレなのか?

とりあえず、今日のところは阿呆でも根性無しでも無く済みそうだ!


断酒、220日



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

断酒23日目

やる気になれば出来るもんやなぁ。
以前の断酒3日坊主の3日目の夜なんて酒を買いにコンビニまで行って、やはり思い留まって部屋に帰り、やっぱり辛抱たまらんからコンビにまで行って玄関先でじっと考え込んだ挙げ句に思い留まって部屋に帰る。この繰り返しを何往復したか分からんほどやって、結局サラリーマンたちが出勤しだす時間帯に一睡もせず家〜コンビにの往復を繰り返した挙げ句の果てに缶ビールを買って飲んでしまった。

すっごく美味かった!
けど、すぐ後に罪悪感と己のヘタレさと情けなさで生きてるのが嫌になったことを思い出す。そやけどその割には本気で死にたいとは思わんかったなぁ。
やっぱり俺って相当にヘタレなんや!


正直なところ結核で隔離以来、こんなに長い断酒が出来るとは夢にも思わんかった。
激しい動悸も就寝時に少しの間辛いだけになった。眠剤のおかげだ。日中にも動悸があったのに最近は起こらない。質の良い睡眠をとっていることが回復につながっているのだろう。
しかし、かゆみだけは今なお続いている。虫が這うほどの気が狂いそうなまでの皮膚掻痒感はないが、じわじわとあちこちに掻痒感が今なおある。

断酒2週間くらいの頃にそれまで落ち着いていた離脱症状のうち、こむら返りと動機がひどかったことがあった。一日中繰り返し発症する。特にこむら返りがひどかった。
体もだるく、眠く、疲れやすいし集中力もかける。もちろん一滴のアルコールも口にはしていないのに・・・

今考えると「好転反応」だったと思う。

今は手のひらの赤みも心持少なくなってきたように思う。
歯磨きのときに歯ブラシを奥歯の裏まで突っ込んでも吐かないようにもなった。
おそらく肝機能はかなり改善しているはずだ。

ところが恐ろしいことに飲酒に対する欲求がふつふつと湧いてくる。
体が回復していっているからか?
激しく飲りたい!

まさか今から寝るわけにも行かず、以前のように焼酎をあおりながらキーボードを叩きたい。さてどうしたものか?

今までなら飲みながら考えることにしよう!って結論になっていた。
が、とりあえず今日のところはぬるま湯の風呂にでも使って考えてみることにする。

ちなみに、「痔」の治療のため一月ほどバイトを休むことになった。

時間がありすぎるのはやばいなぁ!



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

断酒7日目

本当に不思議でたまらないほど簡単に断酒に踏み切れた。
意外とやってみたら簡単な事や!
長年悩む必要なんてなかったんや!


な〜んてね、簡単なわけあらへんやろ!
昨日仕事で腹立たしい事があった。まぁけっこう問題の多い職場やけど、昨日は特に鬱陶しくストレスを感じた。

てきめんに激しい飲酒欲求がわく。飲りたくて飲りたくて仕方ない!
オールド・グランダッドの100プルーフかロンリコ151でもストレートで放り込みたい感じだ。あの、カーっと喉と胃が焼ける感じを味わいたい!
こうなるとどうしようもなく飲りたい!

ビール?酎ハイ?
そんな女子供の飲むようなもん飲めるかい!


不思議なもんでよく効くはずの眠剤もなかなか効かない!
眠剤よりも飲酒欲求の方が勝ってしまい不眠が再開してしまった。

なんとか乗り切ったが昨夜は辛かった。
ほんまに複雑怪奇な病やなぁ、アル症って!
簡単には立ち直らせてくれへんわ!

くそったれ!



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

断酒5日目

特に大きなストレスが無いせいか大した飲酒欲求も起きない。自分自身不思議で仕方が無い。治療を決意した事が精神的に飲酒に対する欲求を封じ込めているのか?
恐れていた離脱症状も軽症で肉体的にも楽だ。

飲酒から気をそらせるため、忙しいタイムスケジュールを立ててみた事が良かったのかもしれない。眠剤で不眠に対する対策がある安心感も相乗しているようにも思う。
いずれにしても3月18日にスリップしてから続いていた飲酒に歯止めがついた。

ところで5日間の断酒に関係あるのかどうか分からないが、いつもより視力が良い。読めない距離にあった看板の文字が今日は鮮明に読める。乱視も幾分かは正常化しているようだ。
もしこの現象が断酒による好転であれば、アルコールによる健康被害はかなり広範囲に及ぶ事になる。

タバコのように酒も断てれば、俺の人生変わるんやろなぁ!



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

梅を漬けるときの塩加減を塩梅(あんばい)という。

俺の酔い加減も良い塩梅である。

ここ最近はまったく酒を抜いていない。
医者にも通っていないので肝臓その他の状態も分からないが、
抗結核薬を服用していたときほど酒は不味くないので多分大丈夫と思っている・・・
が、実際どうなのか不安はある。

正直なところ酒は抜きたいが、あの動悸、かゆみ等の禁断症状が恐ろしい!

他力本願ではあるが、内科のドクターに紹介していただいた精神科のクリニックに電話で初診の申し込みをしてみた。

なんとも奇妙な感じである。
相談員みたいな人が電話に出てあれこれ質問をしてくる。
歯医者の予約とはずいぶん違う感覚だ。
なんか大変なところを受診しようとしているような感じで、生理的に挫折しそう!

一応初診の予約は取ったが、来週の土曜日まで空きはないらしい。
なんか、たいそうな感じを受ける。
すでに挫折しそうや!
この感じでいくと、断酒会とか他にも色んなものがあるそうやけど・・・
ごっつい、ダルそうで、嫌やなぁ!

全てが生理的に嫌って反応してる。

とりあえずは精神科の診察は受けてみるが、俺には合わないような気がする。

治療を受けたいのに・・・
俺の本能が、生理が、避けようとしとるわ!

依存症の理由付けか?

それとも直感か?

ええ塩梅になってきたんで、酩酊する前に寝ますわ!

おやすみ。



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

まったくアルコールを抜く気にはなれない。

アル中から抜け出したいと思いながら止められない。

アルコールが抜けてきたときに激しい動悸はあるが、食事を済ませたあとにも激しい動悸がある。これもアルコール依存症の症状なのか?
たぶん間違いなさそうだ!
何か血糖値との兼ね合いのような気がするが、止めておこう素人の邪推は!

よく分からないが、血中にアルコールが存在する状態が普通だと俺の体は認識してるのだろう。だからアルコールが切れてくると禁断症状が出てくる。
早くアルコールを補充してくれってね。

手の震え、冷や汗、動悸、かゆみ、こむら返り。

まだある。
性格が短気凶暴になる。

一杯飲ると気持ちが落ち着く。
震えや動悸がおさまる。適度に回った酔いも気持ちいい。
この気持ちよさを持続させるために飲り続ける。意識がなくなるまで・・・


数年前にこの「動悸」の原因が分からず、心臓でも悪いのかと気になり始めた。それほどにきつい動悸だ。
このとき禁煙を決意する。1日80本のヘビースモーカである俺がそんな気になった。

なんども挫折しそうになりながら、なんとか3ヶ月ほどの禁煙に成功した。
もうそのとき俺の体はニコチンを要求はしていなかったが、「吸う動作」と「喉にタールがからむ感触」は欲求し続けたのである。
なんとか半年が経過し禁煙に成功した感じであったが、少しイラつくことがありタバコを口にしたのがきっかけで喫煙者にまい戻ってしまった。これが3年前の事だ。


激しい動悸はやはり気になり、再度禁煙にチャレンジして見る。
16歳から喫煙初めて、46歳にして始めて禁煙を決意して半年間の禁煙に成功したことは我ながら脅威であり自信にもつながり、2度めの禁煙は可能な気がしていた。

結局、度重なる挫折の危機を乗り越え禁煙は成功した。
現在2年と2ヶ月が経過。
もう喫煙への欲求はまったくない。
それどころか、タバコの匂いさえ嗅ぎたくない。
禁煙は成功したのである。


これと同じように断酒できないものか?
強力なヤニ中の俺が喫煙を止めれたのはきっとすごく意思が強いんや!
アルコールも止めれるはず!

    ・
    ・
    ・

簡単には行きませんなぁ。

「酒とタバコのどちらかを止めるとしたらどっちを止める?」

よく聞かれるフレーズです。

俺はどっちも止めない。止めるくらいなら死んだほうがまし!って答えてました。
しかし、俺の回りの多くの人はどちらか選ぶなら「酒」かな?って答えます。

俺はアルコールを止めるほうがずっと大変な事やとおもうけどなぁ。個人差があるのかなぁ? 俺にとって「断酒」は一大事業です。

達成できたら人生変わると思う!



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

昔、年上の酒飲みの知り合いに聞いた事があるねんけど、
手のひらが赤いのは肝臓やで!って言われたことがある。

じっと手を見る。

かるく手のひらを開けば少し赤い。血色が良く健康的な色と思う。
手のひらを、ぐっと開けば血の気がなくなるのか白くなる。
これで良いと思っていた。

が、すでに「手のひらが赤い」状態やったんです。
たいがいこの状態のときはγ−GTPが4桁前後のときなんです。

結核治療が終わって医者と縁が切れてる今、血液検査がない。

今現在のおれ自身の健康状態が分からない事が不安。


俺って、「血液検査依存症」か?


勝手に病名を作ってしまったが、これって「鬱」なのかなぁ?
よく分からんけど、飲酒しながらのブログ更新は・・・

いつもの事やから、OKということで!

おやすみなさい。




寝れるかが不安やけど・・・



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

先日、飲ってしまってからずっと飲酒が続いている
休日は起きてる間は飲みっぱなし。
酔っ払っては寝、目が覚めては飲る。
飲んでないのは寝てるときだけだ。
1日が早い!
寝てるか酩酊してるかのどちらかなので曜日さえ分からなくなる。

結核の治療で4週ごとに血液検査をしていたが、気になるのは結核関連の数値よりも
γ−GTP、GOT、GPT、中性脂肪だけだ。
γ−GTPが4桁のときだけはさすがにびびり、その日くらいはアルコールを抜く決心がつくが、喉元過ぎればなんとかで数日しか決心は持たない。

保健師さんから聞いたのだが、
アルコールを1トン(1000リッター)飲んだら肝硬変と言われてるらしい。

俺の場合、10代から飲み続けてるので30年以上は過度な飲酒をしている。
近年の場合、飲み屋を飲み歩かなくても自宅で焼酎2日で一升。
1日やく1リッターの計算だ。
年間365リッター
3年で約1000リッター
アルコール度数が35度であれば9年でアルコール1トンになる。

どうひいき目に見てもアルコール3トンは飲んでることに間違いはない。
幸いなことにまだ肝硬変に至ってはないようだが、俺の肝臓は悲鳴を上げながら予備機能だけで働いているようだ。

理屈では分かっているのに酒を断てない。


今も焼酎をあおりながらブログの更新をしている己に腹が立つ。
病気のせいと言えば気は楽だが、あまりにも意志薄弱な己に強烈に嫌悪する。


くそったれ!



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

明日、厳密には今日かな?かかりつけの内科の先生のところに行きます。

自分のアルコール依存症を自覚して保健所の保健婦さんに相談していろいろ専門の医師を教えていただきました。しかし専門医って少ないね。

俺、大阪の人間やけど専門医って市内に2件しかないみたい。KかF、どちらにするか?
Fは近くて通院しやすいがKにすることにした。なんかね、FはWEBページが生理的に嫌やったからです。(Fクリニックさんごめんなさい。)

Kは入院の設備もあるようやし規模でも選んでしまったが、駄目元でまずければ変えればいいという気持ちです。
(設備があるからってのは基準にはならないけどね)

で、K病院への紹介状を書いてもらう予定です。


しかし、こんな難儀な「アル中」って病気をほんまに治せるんかな?

変な話やけど、ちょっと疑問やわ。




ブログランキングに参加しています。あなたの応援、お待ちしてます。
下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

飲んでしまった!

結局、土曜日(日曜深夜)に飲んでもた!

ビール500mmくらいええやろ!って飲ってまいました。(汗)

日月火水、気づいたら4日飲んでる・・・

やっぱ、飲んだらあかんねんなぁ。
ビールではすまんようになる。
焼酎を一気飲みしてしまう。



自己嫌悪で死にたなるわ!



くっそ〜!!!




ブログランキングに参加しています。あなたの応援、お待ちしてます。
下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

断酒3日目

昨夜(土)は断酒初日ほどの苦しみはなかった。
激しい動悸はなかったが、かゆみとこむらがえりはやはり辛い。

で、本日3日目
まだ3日目か!3年くらい経った気がする。
先ほどから強烈な飲酒欲求がこみ上げてくる。
これで眠れるなら眠剤を飲んで寝てしまうが、強烈な不眠でどうにもならない。

もう2日抜いたからええやろ。
って、なんども酒を買いに部屋を出て行くが、コンビニの前でUターンしてる。
俺はいったい何をしてるんやろ?
アホまるだしやんけ!

昔のように23時以降の酒の販売は止めて欲しい!

俺はニンジンを目の前にした「馬」か!




ブログランキングに参加しています。あなたの応援、お待ちしてます。
下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

このページのトップヘ