アル中 −アルコール依存症との戦い−


アルコール依存症(社会生活から抹殺)  →  死に至る
この図式から正常に戻りたい。 別に死ぬことへの恐怖は無いが命ある以上まっとうに生きたい。その思いを日記に記す。

タグ:大阪市断酒連合会

久しぶりに断酒会ネタです。

いつものことながら、私自身の主観と偏見の塊の日記です。
「断酒会命」という方はご気分を害される可能性が大いにありますのでこの日記はパスしていただく事をお勧めします。

昨年の話なんですが、某例会場で小さな喧嘩があったそうです。
当事者を双方共に私はよく知っております。

片方は元格闘家、もう1人は格闘素人。
不味い事に素人の方が元格闘家にワンパンチお見舞いしたらしい!
元格闘家は手を出し返さずに我慢したそうである。

この内容だけ聞けば、手を出した素人の方が圧倒的に不利な立場である。
理由は何であれ手を出すのはよくない。

しかし、この話を耳にしたとき、


 よーやった!
 えらい!
 そやけど、どうせやったら、何でボコボコにいけへんかってん?


不謹慎ながら、これが私の感想です。
あとあと、会長会議等で問題にはなっているみたいですが、手出しをした方のみが悪者扱いになっているような感じです。しかし、手を出された方にもそれなりの理由はあるやろう!と、私は思うのです。

もちろん、暴力を肯定する訳ではありません。結果だけで物事を判断するのではなく、原因も考察しない限り問題は解決しないと思うのです。

私は断酒会の会員ですが、現在例会回りはほとんどしていません。
なぜなら、自分がこの事件の当事者になる事を強く予感していたからです。
それを未然に防ぐには、

 「君子危うきに近寄らず」

この姿勢しかないと判断したからなのです。


断酒会には純粋に酒害からの回復を願う多くの仲間が集います。
回復の過程は様々、十分に寛解している人、早期寛解の人、スリップ癖の付いている人、まだ酒を止める事ができない人、酒害からの回復を願う気持ちは同じです。

しかし組織であるが故、お山の大将を気取る詰まらぬ充足感のためだけに組織を私物化する阿呆もおるわけです。

残念ながらこのような阿呆達がトップに立つ例会では、せっかく止まっている人間までもがストレスの余り、飲みだしてしまうでしょう!

それも試練、勉強の場ともよく言われるが、それほど出来ている人間ならばアル中などに身を落とさない!

これから酒害からの回復を目指す人たちのためにも、健全な断酒会であらん事を祈る!


今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ 
    Share (facebook)

俺ほど断酒会を毛嫌いしている断酒会員も珍しいのではないか?


 断酒会命!

 断酒会にしがみ付いて生きていきます!

 断酒会にさえ繋がっていれば酒は止まります!


俺はこんな臭い台詞は死んでも吐かん!
って、もっとも死んだら吐かれへんけど・・・(汗)

たいがい毎日例会出席って一見頑張ってる人にスリップ癖の付いた人が多い。
もっとも仲間から離れていくと必ず滑るが、繋がっていても滑る人は滑る!

酒を断ち始めた頃はどこかに繋がっていないと安心できないと言う強迫観念からほぼ義務のように感じてがむしゃらに自助グループに繋がっていたが、最初から「断酒会」には抵抗感があった。

今思えばダサい!

先ず、あの「断酒会旗」、何とかならんのかなぁ?
いまどきヤンキーの暴やんでもあんなダサい旗を掲げてないぞ!

他は知らんけど、少なくとも大阪界隈の断酒会員はダサ坊の集まりである。
ほんまにダサい!

若いのが続かんのは当たり前やわぁ!
例会出席するとイモうつりそうやもんなぁ!


その点、AAミーティングはまだ許せるねんけど・・・

 アルコホリックの**です。

 ハーイ! **

うっ、ブッブッ!さむ〜

なんで、

 アル中の**です。
 こんばんは〜**さん。

って日本語で言われへんねやろ?


こんなん言いながらでも例会やAAに通い続ける俺ってアホかいな?

まぁ、酒が止まってるんやから良しかな?


間もなく、断酒396日
(いつまでカウント続けるんや!)


今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

断酒会発行の機関紙に「かがり火」という、B4版8頁(B3紙2枚)で100円もするとっても高価なものがある。

隔月に発行されるこの高価なだけで何の役にも立たない印刷物に目を通していると、


 社団法人 全日本断酒連盟
  平成19年度 定例理事会開催

という見出しの元に1〜13まで箇条書きにされた報告があり、
そのうちの、「11、各ブロックからの意見」として次のような記事があった。

かがり火

全断連財政健全化を理由に会費を3650円にしようとする動きがあるようだ!

昨今の断酒会離れで陥った財政難を強制的上納金で賄おうと言う腹である。

はっきり言って、アホですな!

そんな事になったら俺は間髪いれずに退会する。
少なくとも俺だけではないと思う。
断酒会は終わりですな。

間違いない!

いくら新規入会をPRしてもあかんて!
なんで会を離れるのか、離れられる会に理由は無いのかを考えろ!

松村先生の初心を思い出せよ!
慢心するな、断酒会!

酒を止める手段は断酒会だけとちゃうねんど!


残念ながら、所詮はアル中の集まりやねんなぁ。
烏合の衆と理解したうえで付き合い続けるのも辛いものがあるが、離れるわけにも行かず、思案六歩やなぁ!



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

言いっぱなし、聞きっぱなし

これは自助グループのミーティングや例会での基本ルール。
酒害体験を吐き出して癒し、聞いて自分の体験を掘り起こす。
酒害からの回復への手段としてはこれ以上効果的な薬は無い。

当然「断酒会」の本来の目的は
「継続的断酒」及び「酒害の再発防止」にある事はいうまでも無い。


平成20年度 第36回 酒害相談講習会なるものが
4月9日を開校式に週一ペースで10日間(10週)、6月23日終了式まで行われる。この行事への参加資格は、「断酒1年以上、もしくは期間中に断酒1年を迎える者」とある。補足的に断酒期間が不足していても地域断酒会会長の推薦があれば参加できるとの事。

俺は断酒1年未満であるが、この講習会開催期間中に1年を迎える予定である。もちろん今日明日、いつスリップするかも分からないのであくまでも予定ではあるが、一応参加資格は持ち合わせていることになる。

この講習会の講師は毎回変わり、アルコール問題の大御所的な先生方が肩を並べる。
やはり、勉強中のアル中としては是非参加してみたいイベントである。ましてや現在仕事をせずに治療療養中の身、時間はいくらでも割ける。

ということで申し込んでみた。

結果、落選!

なんで?

よく分からんが断酒会員として1年未満では参加できないという理由らしい。
確かに断酒会員としてはまったくもって1年間には及ばないが、俺は立派な断酒会員である。それに会長の推薦もある。まぁ、とりあえずその時点では煮えきらんものを感じながらも身を引いた。

しかし、納得でけん!

俺と家族のように親しくしている仲間(断酒暦、断酒会員暦はほぼ同じ)は参加している。俺と違うのは所属会が違うだけ、同じく他の断酒会の会員さんも少し前までスリップしていて断酒1年には満たない方も何人も参加している。

いったいどういう事やねん!

毎月の上納金さえ納め続けてたらええんかい!

スリップしようが、飲酒しようが、断酒会員として組織に年貢さえ納めてたらええんかい!

組織の上層部の人間が所属する直属の会員なら優先されるんかい!


酒止めてても、暴れたぁなるのう!

俺は酒を止め続けるために断酒会に入っとるんや!
組織ごっこするために断酒会に入会しとるんとちゃうど!

この煮えた腸、何処にぶちまけたらええんじゃい!

やられっ放しではすまさへんど!


断酒352日、今までの俺やったら飲ってたやろなぁ!



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと興奮も少しは冷めます。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

PCの復旧に意識が傾いてしまって、久しぶりのブログ更新!

最近のハードディスクの大容量化に伴って、初期化ひとつとっても大変な時間がかかる。パーティションを切ったり、移動したり、サイズ変更したり、もう時間がかかりすぎる。復旧作業の手順などに考えを巡らせている間は酒のことなど忘れているが、処理を待っている時間は手持ち無沙汰で、ついつい昔を思い出して飲みたくなる。止めて3年以上経つタバコですら吸いたくなってしまう。それほど苛々するのだ。

まぁ、まとまった待ち時間はこのようにブログの更新に当てていれば少なくともその間、酒は止まる。


ところで、断酒会の事なんだが・・・

3月末で退会予定していたが、今しばらくは続けてみることにした。
やっと、吹っ切れた!

自分の所属している会は○○市断酒連合会の**断酒会。
この**断酒会には通常の夜の例会とは別に朝例会、昼例会なるものがある。

(ちなみに例会とはミーティングの事であり、酒害体験を発表する場である。)

朝、昼の例会は断酒会旗を掲げずに、テーマに基づいたミーティングで、立っての発言、席に着いたままの発言はどちらでも可、まったくの自由。さらに、「断酒の誓い」や「心の誓い」なども唱えない。おおよそ断酒会らしくない断酒会なのである。

俺自身、**断酒会の雰囲気は大好きである。集まる人も、断酒会やAAなどグループにこだわることなく酒を飲まない事を望む人たちだけが純粋に集う自助会である。
集まる方たちも謙虚な方たちが多く、俺のような断酒初心者には見習うべき事があふれているミーティングなのである。心も落ち着く。

こんなすばらしい会を「**断酒会」が運営しているのであれば俺もここに残ってみよう。そう思ったのである。○○市断酒連合会、この運営陣は腐敗し切っているが会員みんなが腐敗しているわけではない。あくまでも一部のボンクラのために断酒会を離れていくのは腸が煮える!

これからは居心地の良い例会場を**断酒会の看板を背負って回ればよいのである。
断酒会にこだわることも無い。そう思えば簡単に答えが出た。

断酒会を退会して多くの仲間と疎遠になるよりは、割り切って会員を続け、バカは相手にせず、前向きに生き方を考える仲間と付き合っていけば良いのである。

は〜、吐き出したらスッとした!


ところで、HDのパーティション移動、まだ終わらない。
こんなに時間かかるのなら寝てる間に処理すればよかった。(汗)
少しだけ横になって、今日もFクリニックに出勤だ!

断酒328日目


今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

飲酒欲求は落ち着いている。

断酒に対するつまらぬ自信、過信かも知れないが、気を引き締めてさえ居れば飲酒に走ることはないと思う。苛々も少なく、けっこう心は穏やかであるが、精神的な状態は決して良いとはいえない。

物事、白黒はっきりつけたがるアル中が多い中、俺は典型的にそのタイプのようだ。
先日から物事に結論を出すとき、白黒の判定だけではなくグレーゾーンを設けるように己の心を調教している最中なのだ。

しかしこれがなかなか大変な作業で、長年に渡って形成されてしまった性格を変えることは難しい。当たり前ながら短期間の訓練でどうこうなるはずはない。そのうえ、アルコールという薬物が脳みそに何がしかな影響を与えていることも避けては通れない。更に、酒を断つことで解決の一助に果たしてなるのかどうかの保証もない。


ここ最近、ブログのネタ詰まりといいながら「断酒会ネタ」で切り抜けてきているが、実際には自分の中では大問題なのである。

こんなアル中の戯言のようなブログにもありがたいことに読者の方がいらっしゃる。おそらくはアルコールに何がしかな問題点をお持ちの方が多いはず。そのような読者の中には断酒会ネタに反発を感じておられる方もいらっしゃると思う。かなりの批判を受けることを覚悟してはいたが、今のところご批判を受けるには至っていない。

今後どのような展開になるか予測も出来ないが敢えて書かせていただく。


俺は、断酒会を退会する!
(実際には3月度の会費を払い込んでしまったので3月末日をもって退会予定)


先に付け加えておくが、俺は断酒会を誹謗、中傷する気持ちはない。
全国の断酒会が同様であるとも思わない。
大半の断酒会会員は純粋に酒を止めるために頑張って例会出席していることも事実である。

しかし、俺の所属する○○市断酒連合会の運営に携わる一握りの人達は会を私物化している。もちろんそういった輩なので見習うべき点はまったくなく、指導者としての魅力も一切ない!


連合会規約(会則)

第3条 本会は「継続的断酒」及び「酒害の再発防止」を目的する自助組織団体である。と同時に、○○市域において酒害に悩む者の自立更正を援助し、社会復帰の促進を図り、市民の精神保健の向上と社会福祉の増進に寄与するものである。



と、このように立派な建前はあるが、実際は一部の人間の(名誉欲?)独裁的な運用で成り立っているのが実情である。乱用、私物化といった状態にある。

俺は純粋に酒を止め続けたいのである。
そのために断酒会に入会し、例会出席しているのである。
しかし真面目に深く取り組みすぎてしまった。
組織のあらが見えすぎてしまったのである。


一緒に頑張っている仲間と離れるのは辛い!

色んなことを教えてくれた先輩と離れるのは辛い!

しかし、腐りきった組織に献上金を納め、その腐りきった組織の上位組織に上納金を納めるなんて考えただけでもおぞましい!

腹立たしさからスリップしてしまうのは見えている!


俺は断酒会を退会し気に入った例会にのみ一般参加という形で参加することにする。
例会運用に支障の無いよう、腐った組織への「会費」としてではなく、地域の例会場への「献金」というスタンスで例会出席することにする。

小さな抵抗かも知れないが、自分自身の精神衛生上このような形があっても良いのではないだろうか?

些細な抵抗でも積み重なれば大きな改革に結びつくと思う。
どうせ「会」そのものが砂上の楼閣、崩れるも必然、存続するも必然。
自然な形で淘汰されると考えている。



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

酒を断って今日で290日

今日はなんとか穏やかに1日が終わりそうだ
飲酒に対する欲求はまったくない
ドライドランクの症状もない

こんな状態がずっと続いてくれれば社会復帰も射程距離に入る。

断酒のモチベーションを維持するためにも、自分がアルコール依存症者であることを脳みそに刷り込まなければならない。そのためには、精神科クリニックのデイケア(院内ミーティング)や自助グループのミーティングに参加する必要がある。もうすでに分かりきっていることである。

院内のミーティングには週4日、欠かさず出席している。更に、AAミーティングや断酒会例会にも出向いていた。
本当は、それほど頻回に出席する必要はないと思うが、社会復帰したときにはおそらく時間的にクリニックのデイケアには参加できなくなる。そのためにも夜間例会、夜間ミーティングなど自助グループとつながる必要があった。

過去形なのは、今日から断酒会例会へはしばらくの間出席しないことにした。
昨日の日記に書いたとおり、断酒会という組織に疑問を感じ出したからである。

年々、断酒会の会員数は減少傾向にあるらしい。
会運営に危機感すらあるようだ。


そりゃぁ、そうやろうなぁ!
断酒会お気に入りの俺が退会を考えているくらいやから、会員が減って当たり前と思う。
アル中がアルコール依存症であることを否認しているのと同じで、断酒会という組織は運営のやり方に間違いがあることを認めないようだ。


誤解のないようにもう一度書かせていただくが、全国の断酒会すべてがそういったわけではない。また、断酒会会員が全てそうだというわけではない。

○阪市断酒連合会の運営のあり方、もしくはそれに携わる一部の人たちの考え方のお話である。


長期間酒を断って素面の生き方を長らく続けることで、立派な人格に回復する人もあれば、

「私は○○年アルコールを飲んでない立派な人間です。だから私の言うことは立派なことなので黙って言うことを聞いていればいいのです。」

的な勘違いした人格を形成してしまっている者も居る。

こういった輩が会の運営側に居ればどうなるか?

「自明の理」である。

「明白」ともいう。


我々、アル中はまともな人間ではない。
酒を断ちはじめて半人前。
一人前にまで回復できるのはそのうちの極少数だと思う。

人との付き合い方に距離を持つ必要があるのと同様に、会との付き合い方にも距離を置く必要があるのかもしれない。

きっと優等生的なアル中は、そのように上手く世間を泳いでアル中業界を世渡りするのだろう。もっともアル中に優等生も糞もないとは思うが・・・

さて、俺はアル中業界をどうやって生き抜いて行こうか?

酒は止まった。
次は断酒継続がテーマだ!



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

今更ながらやけど、断酒会って何やろ?
俺は今までその名のごとく、酒を断つ目的を持つ者達の自助グループと思っていた。

少し前から感じ出していたが、統制も取れていないただの半端もんの連合組織ではないのか?
納めた会費から上位組織に上納金を積み上げていくだけの「組織ごっこ」と違うんか?

昨夜、出席した合同例会でその疑問が爆発してしまった。

本来の自助グループの目的を忘れて、組織を維持することだけが目的にすれ違って来てしまっている。断酒会全てがそうでは無いと思いたいが、少なくとも「大〇市断」の上層部は腐敗している。

なんかなぁ、こんな気持ちでは断酒会員を続ける気持ちにはなれない!

せっかく順調に酒が止まりだしたのに・・・

はっきり言って、〇阪市断酒連合会には失望した!

さて、どうしたもんか?

酒を止め続けていく上で自助グループの必要性は十分に感じているが、腐った組織にしがみつくほど落ちぶれてはいない。一晩かけて仲間と語りあったお蔭様で、脳みそのクールダウンは出来ているが解決策は見当たらない。

飲酒欲求が湧いてこないのがせめてもの救いか!

    Share (facebook)

断酒会の皆様

何度もソフトボールのお誘いいただきながら、練習参加もせずにすみません。
仲間の行事に参加することも大切な断酒道、分かっております。

しかし、野球できないんです、俺!
ルールも知らないし、ちょっとトラウマもあって覚える気もないのです。
でも、仲間の顔は見たいので練習を見に行くだけなら今日のように見に行きますよ。

しかし、あれほど集まりが悪いと知りませんでした。
5人と4人のチームで練習するとは・・・
本当なら、私が入れば5人どうしでゲームできたのに・・・
たしか9人でやるんですよね野球って?
頑なにお断りして申し訳ありませんでした。

本当に野球は駄目なんです。
万能な私にも欠点はあるのですよ。(汗)

他のスポーツやりません?
キャッチボールとか、テニスとか、格闘技とか・・・
カヌーとか、サーフィンなんかやったらとっても嬉しいんですが・・・
野球だけは、付き合い悪くてすみません。

でも、今日も一日お酒はとまりましたよ。
寒くて熱燗を飲みたいなんて言ってしまいましたけど・・・


今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

大阪市中央公会堂にて、12:00〜15:30

府断の41周年大会に参加してきた。凄い人の数!
700人以上らしい。同じクリニックからでも数名しか参加してないのにこれだけの人数が参加してるということは、いかにアル中がたくさん存在するかということだ。しかも、断酒会、専門医に繋がっていないアル中を考えれば相当な数になる。

ま、はっきりいってただの「お祭」である!
ごく一部の時間を割り当てられた体験発表以外はたいした意味の無いまつりごと。

府知事代理のスピーチ。
市長代理のスピーチ。
来賓の過半数が「偽者」。
形だけの事業である。

ま、しかし、断酒を続けるためのモチベーションは高まる。
それと、各地区合同の例会や今日のような大会に参加して顔を売っておくと断酒会巡りのときの「敷居」も低くなるというものか、などとも考えれる。

いづれ社会復帰し、クリニック通いも無くなり、デイケアからも離れることになれば自助グループとの繋がりが無ければ断酒に失敗することは必至なので、今、顔を売っておくことは無意味では無さそうだ。

といいながら、来週は大阪市断酒連合会。
2週も日曜日を費やすのは少し気が引けると感じながらも参加を心に決めていたりもする。


今晩スリップしなければ、断酒117日



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

このページのトップヘ