アル中 −アルコール依存症との戦い−


アルコール依存症(社会生活から抹殺)  →  死に至る
この図式から正常に戻りたい。 別に死ぬことへの恐怖は無いが命ある以上まっとうに生きたい。その思いを日記に記す。

タグ:否認の病

 
こんばんは。

アル中のsyousukeです。



第二の否認についてもう少し詳しくと、リクエストを頂戴しました。
いつも思いつきだけで記事を書くので、改めてご説明しようとすると難しいですね。(汗)

一応、自分自身への戒めを込めて整理してみました。



否認の病

アルコール依存症という病気は酒に囚われてしまい、飲酒することが全てにおいて最優先される病気です。アルコールへの依存が形成されてしまうと、酒が好きとか嫌いとかの次元ではなく、酒に酔っていないと安心できなくなり、どんなシチュエーションでも飲酒することを正当化するようになります。だから、病気が飲ませるということを認めると飲酒という行為そのものが正当でなくなるので絶対に病気を認めるわけにはいきません。

 まだそれほど酷くはない。
 止めようと思えば止めれる。
 飲まない日もあるから病気ではない。
 毎日飲むといってもビールしか飲まないから大丈夫。
 等々…

挙げだしたらきりはありませんが、要するに病気を認めると飲めなくなるので、心理的防衛機能が働いて病気を否認するのです。この飲酒そのものを正当化し病気を認めないことを『第一の否認』といいます。

アルコール依存症者の多くはとても自分勝手で自己中心的な性格を持ちます。
長年、飲酒を正当化しながら生きてきたわけですから、健常者から見ると異常な考え方も本人は当たり前と認識していることが多く、またそのような生き方が身に付いてしまっているのです。そしてもともと酒の力を借りなければ生きてこれなかった心の病もあります。それゆえ、コミュニケーション能力に問題のある人が多いのです。

 引きこもりがちになる。
 攻撃的な態度しかとれない。
 自分勝手で他人の迷惑を顧みない。
 等々…

アルコール依存症という病気を認めて酒を止め続けても、こういった飲酒以外の問題を残していては社会生活に支障をきたします。

酒を止めてるんやからもう自分には何も問題は無い。
こういった考え方で飲酒以外の問題を認めようとしないことを『第二の否認』と呼んでいます。

第一、第二と呼ぶのは、的の違った否認の分類にすぎないのです。しかし、先ず第一の否認を解いて酒を断つことからスタートしなければこの病気の回復はありません。

我々アルコール依存症者は、長年アルコールの力を借りて生きてきたわけですから、そのアルコールを断った後には頼るものがありません。そのため生き辛さだけが残るので、何年断酒していても再発の危険があるのです。飲んでいたときのような自己中心的な生き方を改めるには謙虚さを身につける必要があるのですが、正直大変難しいことです。

断酒が安定してきたら、次なる課題は第二の否認と向き合うことなのでしょう。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

    Share (facebook)

先日の院内ミーティングのテーマだ!

今更、否認なんてと思いながらも自分を振り返ってみた。
35年間ほど深くアルコールを愛し、休肝日も作らず飲み続けてきた。
定かではないが20年ほど前(30歳頃)から自分がアル中であることを自覚し始め、おそらく10年ほど前(40歳頃)から色んな酒害が現れ始めて何とか酒を減らさなければと思い始めていた。

で、2年前に連続飲酒の挙句、結核を患いこのままでは死ぬと直感した。
この時点でアルコール依存症を疑う余地もなく、現在通院中の専門クリニックでドクターから引導を渡されても否認する事はなかった。すんなりと認める事ができたのである。

第一の否認」は無事にパスしたのである。

しかし、酒を経って3週間ほど経った頃、「1ヶ月断酒達成したら飲む!」と決めていたのである。

一月近く断酒できた自分がものすごく偉いと錯覚し、ご褒美に飲む。
そして、一月止めれたんやからまたその日から止めればいい。
激しい飲酒欲求に負け、飲む理由をつくり、アル中であることを認めながらも飲酒のコントロールは別物だと都合のよい解釈をしだした事がある。結果的には痔の手術でその激痛から飲酒できなかった。

これはおそらく一度目の「第二の否認

その後、2ヵ月後、3ヵ月後くらいには、
まわりの多くの仲間は飲みながら通院しているのに俺はすんなり真面目に断酒している。これはおかしい!
きっとまわりのやつらはアル中に間違いないが、実は俺のアル中は誤診なのではないか?などと本気で疑問に感じるようになってきた。否認の始まりである。

約半年目の頃にはドライドランクもきつく、激しく苛々しながら体調も悪いいままで、本当にこのまま酒を止め続けても回復はあるのか?
苦しい断酒を続ける意味はあるのか?

こんな感じで否認に拍車がかかった。そして鬱に苦しむ事になる。

今思い起こせば、否認は飲酒欲求の裏返しであり飲むための理由付けに過ぎない。アル中の思考回路は飲むための理由付けのためなら巧みにフル回転するのである。そして葛藤が鬱を招く。断酒の苦しみと鬱はセットなのだ。

幸いにも俺は良い仲間に恵まれていた。
このブログを書いていたことも幸いした。
今まで何度も悪魔が耳元で囁き、激しい否認に負けそうになったが、そのつど仲間から癒しを貰い、断酒のパワーを貰って乗り越えてきた。

独りで断酒を続けるのは本当に難しい!
断酒のモチベーションを保つには、やはり仲間とのつながりが重要なのだ。

そういえば、断酒7ヶ月目くらいかな?
シアナマイドの効果を試す必要があるとかなんとか理屈をつけて、飲みたくもないのに飲むための準備をしていた事もあった・・・(汗)

たまには自分を振り返ってみて、過去を掘り返す作業も必要かな?などと思う。



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ続きを読む
    Share (facebook)

このページのトップヘ