ご喜楽な気分で膨らみかけたポケット

怒りで裂けてしまったポケット

哀哀とした孤独感にぽっかり穴の開いてしまったポケット

心のポケットはいつも何か詰め込んでいないと安心できない

酒を止めればギャンブルに

シャブを止めればアルコールに

常に何かに依存することでポケットを一杯にする。

これを「依存のもぐら叩き」というらしい。

結局はクロスアディクションである。


そのクロスが読書であるとか、ランニングであるとか、無害なものであれば問題ないだけであって、人の心とはそういったものだと思う。


違法ドラッグよりは合法ドラッグ

合法ドラッグよりはアルコール

飲酒よりは喫煙


精神科で言うところの「アディクション」とは社会や体や心に害のある依存を指すようだ。

借金してまでの買い物癖であれば立派な「買い物依存」、借金しなければ「日常生活」
読書にしても然り、ブログにしても然り、ミクシイなど「ミク中」という言葉まで発生している。これも度を越せば立派なアディクション。

要するに人の心は、いつも複数の依存で満たされていないと駄目なのである。

だからバーベキューでもピクニックでも、害のない「もぐら」であれば叩かれることはない。そういった気持ちで、チーム「もぐら」と名付けたのであります。

あと数十分で、断酒109日達成!



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ