アル中 −アルコール依存症との戦い−


アルコール依存症(社会生活から抹殺)  →  死に至る
この図式から正常に戻りたい。 別に死ぬことへの恐怖は無いが命ある以上まっとうに生きたい。その思いを日記に記す。

タグ:例会

子持ち銀河M51の超美麗写真

昨年の暮れに少し風邪気味だったので、いつもなら葛根湯を飲むくらいで医者要らずなんだが、少し気になることもあったので行き付けの内科に行った。
世間ではインフルエンザが蔓延しているのか、待合にはしんどそうな患者さん達が静かに自分が呼ばれるのを待っている。極々普通の光景だった。

ところが、年中お世話になっている精神科はまったく様子が違う、患者が元気!
とても病人には見えない!
特に酒を断ち始めて間のない人たちなど軽躁状態でこれでもかというくらい騒いでいる。
もちろん自分もその元気な患者の一人なんである。

しかし酒を断った元気なアル中でも、たまには本当にしんどい事もある。

じつは、暮れからずっと調子が悪かった・・・
鬱々とした気分に凹んでいた・・・

こういったときにはあまり人と会いたくはない。
精神科に行くときは空元気を出してでも陽気を装わないと、必ず聞かれる。

「どうしたん? 元気ないね。」 (俺、ほんまは病気やねんけど・・・)

これが、じつはとても辛い・・・
気遣ってもらった挨拶なのだが、しんどい時にいちいち説明するのがしんどい!
わがまま勝手な事やけど、しんどい時はしんどいのです。

そんなときにはどうしてもクリニックへ足が遠退いてしまう。
元気な時にしか通院できないクリニックというのも可笑しな話やけど、私の場合はそうなのだ・・・

そんな理由で先週の診察はパスした。
院内ミーティングにも出なかった。
そして今日も出かけずに篭るつもりやったけど、心配してくれる仲間が居るので断酒会の昼例会には渋々出かけてみた。

例会の最中に何度も帰ろうかと思うくらい気分は凹んでいたけど不思議なものである。
仲間の話を聞いているうちに気分が晴れてきた。

松村語録最後の53番目

 聞くは最高の治療

正しくこれだ!

おかげさまでその後、精神科クリニックにも診察を受けに行く気になれた。

M51星雲の子持ち銀河を見ているとあまりにも些細な事にばかばかしくなってくるが、酒がかろうじて止まっているだけでまだまだ感情の起伏には病的なものが残っている。

やはり、仲間から離れて孤独には生きれないようです。

「例会出席一日断酒」 ← やっぱこれが基本形かな。


断酒: 979日
禁煙:1818日
前回の飲酒未遂から:50日*
    Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

皆さんこんばんは〜
今日もご訪問くださりありがとうございます。m(_)m

おかげさまで、

断酒 837日
禁煙1676日 継続させていただいております。

ところで、私のブログには毎日100〜200のユニークアクセスを頂いております。レギュラーの読者様が大方だと思っておりました。
が、改めてアクセスログを解析させていただきましたら、新規の読者様の多さにも驚きました。そして、ここ2日間のアクセスはすごい!

約2000件のトータルアクセスを頂いております。
お一人様平均、5回から10回アクセスしていただいた事になります。
これだけ多くの方に読んでいただいているという事は、共感いただいている方もいらっしゃれば、業を煮やして読んでおられる方もおられるのでしょう。

敢えて申し上げます。
私はこのブログで議論する気はありません。
ご自分のところで誰からも相手にされないからと、わざわざ人のところにまで出張って来て能書き垂れてブログを荒らすような「厨房」はお帰り下さい。


ところで、おかげさまでミーティングに対する自分の考えがまとまりました。
立ち入り禁止
 君子危うきに近寄らず

 虎穴にいらずんば虎児を得ず

これらの故事成語に習い
「無闇に危険を冒さず、しかし価値あるものは危険を冒してでも手に入れる」
ということで、臨機応変に行動する事にします。

志し同じ仲間たちとの繋がりは大切にし、仲間とは呼べない有害な人間との付き合いには距離を置いて反面教師にさせていただきます。

元からそのように考えていたのですが、一時の気の迷いがずいぶん弱気になってしまいました。本来のスタンスに立ち返ります。

よっしゃー
飲酒欲求、どっからでもかかってこんかい!
根性で乗りきったる〜


今日も読んで下さってありがとうございます。
共感いただけましたら是非、応援にポチお願いいたします。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最近ミーティングに出席しても癒しをあまり感じなくなってきている。
赤裸々な酒害体験を聞くとそれなりに自分の過去を重ねる事で戒めにはなる。
しかし正直なところ、飲んでどうなるかはもう十分わかっている。
確かにのど元過ぎて忘れかけている事もあるが、自分で振り返る作業をすれば事足りてしまう。

きっと、こういうことを平気で言う俺は謙虚さに欠ける横柄な自己中なのかもしれない。しかし、俺が一番求めているのはアル中の心の叫び!


酒を断ち始めて、2年目、3年目に再飲酒してしまうひとは多い。
最近の自分がその危険の最中にいる。

しかし、その時期の人たちが例会でしゃべるのは、過去の赤裸々な酒害体験であり、今現在の心の叫びは話さない。むしろ、教科書どおりに

 以前は酒で失敗ばかりしましたが、今はおかげさまで飲みたいとも思いません。
 これも**会のおかげです。これからも例会出席一日断酒で頑張ります。

失敗談は聞いていて堪える。
そして自分も同じ過ちを犯さないように戒められる。
しかし、この人たちに飲酒欲求はもうないのか?と思うと、自分だけが取り残された気分になる。現実に自分だけが取り残されているのなら、それが自分の実力ならば仕方が無い。何か取り組み方が間違っているのである。

しかし、こういった『教科書通り』の体験談を話す人たちも再飲酒する。
今まで見てきて、失敗する人の体験談はみんな教科書通りなんである。

たぶん、みんな飲みたいと感じていたはずである。
きっと、飲むための心の準備があったはずである。

 飲みた〜い!って叫べよ!

 ちきしょう、もう断酒なんて止めじゃ〜
 もう、今から飲むんじゃ〜

何で正直に心の中を吐き出せへんねやろ?
**会にはそれを言ってはいけない風潮がある。
そして、そういった暗黙のルールもある。

些細な事かも知れんけど、
俺にとってはものすごく矛盾を感じるところである。

過去の失敗談も大事やと思うけど、今現在の心の叫びを聞かしてもらわんとカタルシスはないのとちゃうかなぁ〜

正直な飾りのない心の叫びを吐き出さんと癒しはないのと違うかなぁ〜


自分のブログやし、吐き出したら楽になりました!
皆さんからのご意見も大いにあると思いますが、回復途上のアル中のたわごとです。
お手柔らかにお願いします。


もし、かわいそうなアル中やと思われた方は、応援ポチお願いいたします。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

断酒358日

我々アル中は、院内や自助グループのミーティングに出席することで酒が止まる。
また、ミーティングに繋がり続けることで断酒継続が出来る。

屁理屈派の私でも、敢えて理屈をつけるのは止めておきます。
しかし不思議なことながらミーティング出席で酒は止まる。
止め続けることが出来る。

これは事実なんですね。
現に私の酒は止まっている。
周りの仲間たちも酒が止まっている。

自分が酒を飲り続けていた時、酒をなんとかせんとあかん!
止めるとまでは考えなかったが、減らさんとあかん!

こんな事を思い続けていた。

が、止められない、止まらない!

どうにも止まらない!

誰もが口を揃えて言う。

専門医へ繋がれ!
自助グループに繋がれ!

当初はその意味が分からなかった。
分からないままに、そうせんとあかんもんやと思っていた。


手が震えて、自分の名前も満足に書けなかった
眠剤をアルコールで流し込まないと寝汗で朝まで眠れなかった
酒が切れると体中に虫が這う
年中下痢でトイレの無い所へは行けなかった
枕元に人が立つ
年中頭の中で蝉が鳴く
体中の筋肉が片っ端に攣る

こんな体験をドクターやワーカーに伝えると

 辛かったね
 よく頑張ったね

同情の言葉が返ってくる。
しかし仲間の前で話すと

ウンウンとうなずく姿や、苦笑いする姿がある。
これは同情ではなく、共鳴なのである。

自分だけではなかった!
みんな同じ苦しみを持ってるんや!
みんな頑張って酒を止めてるんや!

そう思うと自然に自分も頑張れる。

「安らぐ」とか「和む」って感ることが出来る。

仲間って大切や!
俺ってええ仲間に恵まれた!

ヤブでも「迷医」に出会えたおかげで今の仲間たちに出会うことが出来た。

迷医に感謝!



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ