アル中 −アルコール依存症との戦い−


アルコール依存症(社会生活から抹殺)  →  死に至る
この図式から正常に戻りたい。 別に死ぬことへの恐怖は無いが命ある以上まっとうに生きたい。その思いを日記に記す。

タグ:中島らも

ずいぶん前に読んだものなので内容は詳しく覚えていませんので、アマゾンのレビューを参考にして下さい。僕のお勧め書籍です。

断酒継続のモチベーションを高めるために非常に役立った記憶があります。
最近、自分自身が弛んできてるので読み直そうと思っているところです。^^;


今夜、すべてのバーで (講談社文庫)今夜、すべてのバーで (講談社文庫)
著者:中島 らも
販売元:講談社
発売日:1994-03
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

アマニタ・パンセリナ (集英社文庫)アマニタ・パンセリナ (集英社文庫)
著者:中島 らも
販売元:集英社
発売日:1999-03
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

失踪日記失踪日記
著者:吾妻 ひでお
販売元:イースト・プレス
発売日:2005-03
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

逃亡日記逃亡日記
著者:吾妻 ひでお
販売元:日本文芸社
発売日:2007-01
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

うつうつひでお日記 (単行本コミックス)うつうつひでお日記 (単行本コミックス)
著者:吾妻 ひでお
販売元:角川書店
発売日:2006-07-06
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

増補・アル中地獄(クライシス)―アルコール依存症の不思議なデフォルメ世界増補・アル中地獄(クライシス)―アルコール依存症の不思議なデフォルメ世界
著者:邦山 照彦
販売元:第三書館
発売日:2003-03
おすすめ度:3.0
クチコミを見る

飲んで死にますか やめて生きますか―アルコール依存症ものがたり飲んで死にますか やめて生きますか―アルコール依存症ものがたり
著者:三輪 修太郎
販売元:星和書店
発売日:2003-10
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


詩神は渇く―アルコールとアメリカ文学
著者:トム・ダーディス
販売元:トパーズプレス
発売日:1994-04
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


断酒: 972日
禁煙:1811日
前回の飲酒未遂から:43日*
    Share (facebook)

少し前のことですが、

中島 らも(1952年4月3日 - 2004年7月26日)氏の没後3周年の墓参りに代えて

中島らも展「らもん'S」(7/26〜8/1)ってのに最終日に行ってきました。

らも氏のコレクションしていた各国の楽器(弦)、生の原稿、幼稚園児の頃描いた裸婦、などなどが展示されていた。特に「裸婦」の絵はミロのヴィーナスを見て描いたらしいが天才肌を感じてしまった。やはりただのラリ中、アル中の類ではない。

酒に酔って酩酊して、階段から落ち、外傷性脳挫傷で死んでしまうなんて、あまりにもかっこ悪すぎて・・・

どうせやったら「筑波山の四六の蝦蟇(ガマ)」をくわえて死んでくれた方が、らも氏らしかった。などと考えていたが、やはりあっけない方がカッコよかったのかもしれない。

アル中なんて格好の悪い病気やけど、おなじアル中でも、らも氏はかっこええ!

中島らも氏のおかげで、アル中もまんざらではないと思う。

しかし、断酒決意しながらスリップしておっ死んでしまうのは反則ですぞ!


断酒96日



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

Amanita pantherina




以前にも書いたが、中島らも著「今夜すべてのバーで」を貸してくれた友人が、過日、痔主退治の入院時に持参してくれた本のタイトルだ。

さて、この奇妙なタイトルの意味は?っと考えていて最初にイメージしたのは、昔バリ島で食ったことのある「マジック・マッシュ」だ。実際には毒キノコの「デングダケ」の学名らしい。いかにも「らもワールド」である。と同時に俺の連想は当たらずも遠からずというところであった。もっとも「らもワールド」に首を突っ込んでいれば誰でもそんなところだろう。

しかし、何度読み返しても面白い!
この文章は、ラリってないと素面では書けない。
薬学や大脳生理学の小難しい文献をラリ中が訳した文庫本であると同時に、こうあってはならないという元ジャンキーの体験談である。

「今夜すべてのバーで」を読んだとき、アル中としての共感で俺の頭の中はあふれてしまった。今回の「毒キノコは」若かりし頃の懐旧の念であふれた!

アンパン、草、チョコレート、エル、コーク、エス・・・
おまけに植木市でサボテンを買いあさったり、青バナナの皮の裏筋を集めて乾燥させたり、自分の経験とダブりすぎる。しかしさすがに「ガマ」の毒腺に幻覚性のアルカロイドが存在するとは知らなかった。

今になって思えばお決まりのコースやけど、あれだけ露骨に情緒的に美しくもジャンキー臭い文章はなかなか書けるもんではない。改めて「中島らも」を尊敬してしまった。命を削って書いた代償に値する迫力がある。まさしく「鬼気迫る」のである。

しかも、「シャブは下品」と言い切るところがすばらしい。
「らも」は3回経験して3回目に往生したらしいがその内容が手に取るように分かる。もう当の昔に時効なので白状するが、俺も一度経験している。表現の仕方こそ違えど俺も同じ感想である。シャブ初心者にとって常用者の使用量は死ぬほど苦しい!


「あなた人間止めますか?覚せい剤止めますか?」

「人間止めたいからシャブ打ってるんや」


警視庁も下らん広告に金使うなら、シャブから更生した人を講師に雇って、学校での講演にでも回らせろ!的なくだりがある。(正確な引用ではないのであしからず)

まったく持って同感だ。出来ることなら予防接種のつもりで少し危ない量を経験させたほうが良いかもしれない。そうすれば俺のように絶対に手は出さなくなる。「らも」の4度目が無いのと同じである。ポンプを使わなくても経口摂取すれば、あの「苦味」も経験できるので美味いものでないこともついでに理解できる。


話は変わるが、最近では新社会人の歓迎会等の一気飲みによる急性アルコール中毒の予防などの意味で、卒業を控えた学生に「アルコールパッチテスト」を行っているらしい。これは非常に良いことだと思う。

アマニタパンセリナ目次
ついでに「保健体育」の教科書として「アマニタ・パンセリナ」を採用すれば良いのではないかとさえ思う。
「ラリ中」「アル中」「ポン中」どれも同じアディクション


自助グループや院内ミーティングで仲間の体験談を聞くことも大切だが、保健体育の授業での予防接種も大切なのではないか?

などと思いながら飲酒欲求を忘れる努力が続く。

断酒63日目


今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

酒好きの人間にとってはすばらしいタイトルです。

しかし、内容は厳しい!

俺の事をよく知っている友人が「中島らも」ってアル中の作者の本を貸してくれた。その本のタイトルが「今夜、すべてのバーで」だ。

読んでみると恐ろしいほどに自分に似ている。
感動さえ覚える。
しかし、それは「同類相憐れむ」の例えにある通り、仲間意識の哀れみに過ぎない。

昨年、不慮にも結核にかかり仕事を失うまでは、とあるシステムの運営、保守関係の仕事をしていた。(本業のアパレル関係は自己破産以降復興できていない。)呑み助の多い職場だ。


俺はいつも二日酔い。で、酒臭い息をはきながら出勤しても、

「昨日も遅くまで飲んでたんやねぇ」

この会話で終わり!


俺が酒臭い状態でも、誰も疑いも無く「昨日の酒」と思っている。
いつの頃からか、朝出勤する前に焼酎一合飲るようになった。
出勤途中に飲る事もあった。
時には隠し持っていたポケットボトルで仕事中にも飲る。
そうしないと手が震えて字も書けない。
最悪の状態だ。

で、仕事が休みの日には起きている間中飲っている。
飲んでないのは寝ているときだけ。
仕事が週末の3日間(金土日)なので平日は飲りっぱなし。


結核で入院してしばらく酒を断ったことが良かったのだと思うが、今現在の酒量は減っている。気休め程度やけど・・・
何よりも手の震えが少ない。これはすばらしいことだ!
なんといっても「字が書ける」!

現在、午後に5時間ほど自動車に乗る仕事をしている。
さすがに仕事のある日は朝からは飲まない。
どうも俺には「手かせ、足かせ」が必要なようだ。
「中島らも」も「今夜、すべてのバーで」に書いているが、タイムカードが彼の手かせになっていたようだ。よく理解できる。


頭では理解しているのに飲んでしまう。
手かせのあるときにはある程度我慢も出来る。
しかし、理由を見つけては飲ってしまう。
我慢できるのか、出来ないのか、自分でもよく分からない!

俺は意思の強い自己判断の出来る人間と思っているが、
酒のコントロールはできない・・・
悔しいが出来ない!

変な話であるが、
酒のコントロールができない俺に

「意思が弱い」

って指摘されると、激怒する!
殺してやりたいとさえ思ってしまう。


はっきりいって、
アル中は「キチガイ」です。
多分そうやと思う。

今気がついたけど「キチガイ」って辞書変換せんなぁ。
差別用語やからか?
「キチガイ」って「気狂い」って事です。

俺は、「気狂い」です!

死ぬまで直らんかも?
生きてる間に他人様に重篤な重大な迷惑をかけなければよいが・・・



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ




    Share (facebook)

このページのトップヘ