アル中 −アルコール依存症との戦い−


アルコール依存症(社会生活から抹殺)  →  死に至る
この図式から正常に戻りたい。 別に死ぬことへの恐怖は無いが命ある以上まっとうに生きたい。その思いを日記に記す。

タグ:スリップ

こんばんは〜

アルコール依存症の小原庄助です。

久しぶりの更新ですが、おかげさまで酒は止まっております。


しばらくの間、絶不調で超低空飛行が続いていましたが、なんとか日常を取り戻してきました。色々とご心配いただき、ありがとうございました。m(_)m

ところで昨日、livedoorBlogの機能を調べようとテスト書き込みをしました。
テスト結果も出て速攻で記事本文を削除したのですが、「にほんブログ村」には最新記事としてのタイトルは反映したままになるのですね。知らなかった〜

Webフィードからは削除されているので、Pingを打ち直しているのに未だに反映されていないとは・・・ (-_-;

「にほんブログ村」の最新記事情報からご訪問くださった方たちには大変申し訳ないことを致しました。お詫び申し上げます。m(_)m


ところで夕刻、ブログを更新しかけてなんとなく気乗りせずに止めてしまいました。
その直後に携帯にアル中仲間から連絡あり、スリッパーYさんでした。

もう、ベロベロ〜〜〜
何を言ってるか舌が縺れて会話にならない。

「酒飲んでないときに掛けなおして来い!」ひと言、こう言って切ってやった!


この人だけは、何回言っても飲んでから電話してくる。
まぁ、何度もしつこくかけてくる悪い癖はないからまだマシやけど・・・

盆前にスリップして、盆明けにスリップして、久しぶりに声聞いたと思ったらまた飲んどるし、もうほとんど山形飲酒サイクルに入ってるだけで、これはスリップとは呼べない。

どうしたもんかねぇ・・・
この人は、このままではマジで危ない!

しかし、本人が命懸けで断酒に取り組まん限り俺にはどうする事も出来ない。
それ以前に自分のことで精一杯・・・

正直なところ、他人の飲酒問題に関わるのはもう懲り懲り。。。


先日も、お会いしたことはないけれど、ネットで知り合った方の元旦那さんの訃報を知らされたところです。


なんか最近思うけど、この業界に身を置くのは、

飲んでも地獄、飲まんでも地獄

すっきりしませんなぁ・・・


前回の飲酒未遂から:206日
    Share (facebook)

こんにちは、アル中の庄助です。

ここで、「ハーイ、庄助!」
なんて言わないようにお願いします。苦手なんです!(汗)

「アルコホーリックの〇〇です。」
とか、
「〇〇断酒会の〇〇です。」

というのも苦手で、私は何処のミーティングに出席しても絶対に言いません。

「アル中」って日本語があるのに、なにが悲しゅうてわざわざ「アルコホリック」などと業界用語をわざわざ使って陶酔するのかねぇ、私には理解できない!

暴走族の族旗のような趣味の悪い断酒会旗を掲げて、なになに断酒会の誰それです。というのもチンピラが看板背負って粋がってるみたいで鬱陶しい!

まぁ、人それぞれなんで構わないのですが、私は絶対に嫌なので茶々は入れないで下さいとお断りしておきます。(笑)


実はここ一週間ほど、今後の身の振り方を含めて生活設計などを考えていました。
深く考えれば考えるほどブルーになりますが、これは鬱病ではなくて鬱状態。
抑鬱状態なのです。誰にでもある心の風邪引きとでも言うものなのでしょう。

しかし、長年飲酒によって気分をコントロールしてきたアル中にとって、素面で悩み抜くのは非常に辛いものがあります。一杯飲って憂さを晴らして問題を先送りにしよう。と考える癖が付いてしまっているのです。

ここしばらくは順調に、飲酒欲求が近づくことも無く安定した断酒を続けていましたが、やはり私は立派なアル中!悩んでいると例外なく飲酒欲求は近づいてくるのです。

久しぶりにオールドグランダッドの114プルーフをガツンと飲りたい!
などと悪魔の囁きに耳を傾けると、見慣れているはずの酒のコマーシャルにまでそそられてしまうのです。

そんな悪魔の囁きに踊らされ、飲酒欲求に翻弄されている不安定な時、仲間から深夜にメールが入った!

「深夜にすみません。なんかメールがしたくなったので・・・」

ふだんメールのやり取りをすることの無い仲間である。
きっと、やばい気分に違いない。
さすがに同業者、ピーンと来た!

ショートメールを2往復した後、電話がかかってきた。

「飲んでしまってん!」

やはりなぁ、アル中からの深夜の連絡はスリップと相場が決まっている。分かっているのに付き合ってしまった。しかし、大切な仲間。それに2年は止まっていたはず!

延々と深夜の電話は2時間ほど続き、吐き出したいだけ吐き出して楽になったかのように感じたが、素面のアル中とは訳が違う。2年止まっていても再飲酒してしまえばタダの酔っぱらい。酔いと共に溜まった感情が噴出し、電話の向こうで手首を切ってしまったようだ!

自分自身が飲ってしまいそうなほど不安定な気分やったのに、仲間に飲られてしまうと自分がしっかりしなくてはという気持ちから自分の欲求は止まったが、代わりに彼女は手首まで切ってしまった。(幸いにも気合の入ったカットではなかったので良かったが・・・)

深夜のアル中からのアプローチはスリップと相場が決まっているというセオリーはやはり正しかった。そして、どれほど大切な仲間でも酒に酔っている人間をまともに相手すること自体無意味な行為であることもセオリー通り。

相手にさえしなければ、リストカットも無かったかもしれない・・・

素面で過ごす事に慣れていない我々アル中は、根底に心の病を持っている。
一見、酒が止まって健常に見えても心の底にしっかり残った種火を消すまでは再飲酒のリスクは付きまとう。

初心に戻って、今日一日を大切に生きよう!
節根花片喰
断酒 903日
禁煙1742日


今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

                         
 断酒期間が一年にも満たないものが飲んでもそれをスリップとは言わない!


以前断酒会で先輩から教わったスリップの定義だ。
ではスリップと言わずに何んと言うのか・・・?

満足に断酒できてない者が短期間で再飲酒するのは、ただの飲酒であって飲んでいなかった期間は単なる休肝日。そもそも断酒できてないのにスリップとは呼べないと言うことらしい。

なるほど言い得て妙、確かに山型飲酒のことを、断酒していたのにスリップしたとは言わない。

このスリップの定義に関しては以前にも触れた事があるが、今回思い起こしながら別の発見に繋がった。

ここ半年間ほどまわりのアル中の様子を観察していると、どうも節酒で過ごせている人たちがいる。飲酒のコントロールを失うはずのアルコール依存症者が何故節酒で過ごせるのか?もしかするともっと長い期間観察すると連続飲酒に陥るのかもしれないが少なくとも数ヶ月の間は節酒で過ごせているようだ。2年近く節酒できている人もいる。

しかし、このような人たちには共通点があった。皆さん結構高齢なのだ!
お世辞にも元気の有り余った感じの人たちではない。

例外的に私よりも若い人にも節酒で過ごしている人がいる。
しかし、この人も年齢の割りに元気は無い。実は肝硬変と診断されているらしい。

結論から言うと、連続飲酒に耐える体力のない人たちなのだ!
短期間酒を止めたり、日々の酒を少量に押さえたり、よく考えると私自身が専門医に繋がる以前、酒との付き合い方を何とかしようと頑張って節酒に励んでいた頃と同じなのである。単なる山型飲酒の谷の部分が長いだけなのだ。

そう考えると、5年、10年の長いスパンで断酒していた完全寛解者と思われる優秀な方が、ある日突然大スリップして連続飲酒発作に陥るというのもうなづける。

長い断酒期間に体が十分に回復してハードな飲酒に耐えうる状態になっていたということなのだ。でも、結局は酒で壊れてしまう。

残念ながら、超ロングなサイクルの山型飲酒だったと解釈できる。


結論
アル中とは山型飲酒を繰り返す不治の病であり、寛解とはいかに山型飲酒のサイクルを長く保てるかという事にある。



最近、飲みたいと思う事がしょっちゅうある。
もう、ちょっとくらい飲んでもええような気もする。
俺に限っては、きっと根性で飲酒のコントロールくらい出来るはずや!

何とか飲むための正当な理由を見繕おうと頭をフル回転してみたけど、都合のええ飲むための理由付けはでけんかった・・・(汗)

しゃぁないのう。
今日のところは飲むのん堪忍しといたろ!


今日も読んで下さってありがとうございます。
なんとか今日も素面で過ごせそうです。(汗)
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

先日傷めたあばらが原因で、腰と膝が痛み出して以来せっせと接骨院に通っている。
きっかけになったあばらの痛みはほぼ無くなったが膝の痛みは良くならない。
10日後のマラソンまでには良くなってほしいと、藁にもすがる気持ちで接骨院に今日も通ってきた。

私が、アル中でお世話になってる精神科クリニックはこの接骨院の近くにある。
今日は初心者を対象にした院内ミーティングのある日だ。ここ最近この初心者ミーティングには出席していなかった。初心者と言うには塔が建ってしまっていたからだ。

まぁ近くまで来たことだと言う事で久しぶりに出席してみたら、普段なかなか会うことの出来ない仲間二人に出会えた。

一人は「パチ中」の仲間。
無事に8ヶ月パチンコは止まっていると言う。やはり仲間の無事は嬉しい!

もう一人はアル中仲間のYさん。
ミーティングが始まって少し遅刻して現れる。久しぶりだ。半年ぶりくらいか?

しかし、どうも様子がおかしい!
俺に対しては好意的だが、声が大きい!
それに、まるで堰を切ったような勢いで司会を無視して暴力的な言葉使いで発言しはじめた。
酒臭い。酔っ払っているのだ。目も据わっている。

あれほど腰が低くて人一倍謙虚でやさしい人柄の彼が、酒が入っただけでこれほど変わるものなのか!
一年以上断酒を続けてきた彼でも、たった一杯の酒に手を出してしまっただけで簡単に壊れてしまうのだ!

今日のところ彼は酔っ払っていたので、明日以降に素面でクリニックに戻って来るように伝えて返らせたが、果たしてどうなる事か・・・

よほどのことがあった事は想像つくが、飲んでしまっては終わりだ!
素面の時との豹変ぶりから察するところ、普段は感情を押し殺し、鬱積した不満や不安が爆発したような感じである。

しかし、あれほど頑張っていた彼が失敗するとは・・・
本当に悲しい。残念でならない!

連続に落ちなければよいが・・・

たった一杯の酒が、全ての努力をぶち壊してしまうのだ!

糞ッたれ!
今日ほどアルコールが憎いと思ったことは無いぞ!



クリック、お願いします。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

ここしばらく、PCのカスタマイズやジムでのトレーニングや、花見に忙しくて気がつくとブログの更新をサボりっぱなし…(汗)

で、白状します!

飲っちまいました。

スリップになるのかなぁ…

タイトルのノンアルコールビール飲んでしまいました。


他人には、ノンアルコールビールはスリップにならない。
と言いながら、自分自身は封印していたのだ!

これがきっかけで本物のビールに走る可能性は否定できないし、ビールを飲っちまうとポン酒になって、バーボンやウォッカになってしまうのは目に見えている。
おそらく短期間で連続飲酒に落ちて、4搬膰渭困鯔蹐縫屮薀奪アウトしているのが落ちである。

そう考えると、やはり飲んではいけないなぁ。ノンアルコールビアー!

たぶん、断酒慣れしてきて横着になってきているのだと思う。
ここ一番、気を引き締めてかからんとやばいかも?

ま、しかし、慢心と言われても仕方ないが、ノンアルコールビールが引き金になって再飲酒するほど断酒の決意は甘くはないつもりだが、やはり「君子危うきに…」とも言うし、飲まんにこした事は無いやろなぁ!

ということで、反省しております。_(..;)_


ところで、ノンアルコールビールのアルコール含有量0.5%に目くじら立てる人が多いが、俺はそんなこと関係ないと思う。味が問題なのだ!

正直、美味いと思った。
禁断のリンゴをかじった心境だ!
飲んでいた頃はあれほど不味いと思っていたノンアルコールビール。
美味いと感じるから不思議である。

ちなみにアルコールの含有量0.5%が問題になるのなら、
醤油にも2%〜3%保存料としてアルコールが添加されている。(醸造過程でも発生する)
煮炊きする場合はアルコールも煮切るので問題は無いが、生のまま使う場合はノンアルコールビールの4倍から6倍のアルコール含有量になる。

もっとも、醤油を飲む人はいないと思うが、麺つゆなどにはもっと大量に含まれているのだ。だから決して含有量の問題ではなく、のど越しの快感と味そのものがトリガーになるかも知れないと感じた。

初心に戻って、杜仲茶4リッターに戻すことにする!


一応、ぎりぎりセーフで、間もなく断酒338日。(汗)



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

上手く飲みたい!けど出来ない!
と、思っていた。そう思うよう努力している。

本当に飲酒をコントロールできないのか?
一口でも飲んだら、本当に元に戻るのか?
コントロール障害は一生残るのか?

医者も、ワーカーも、自助グループの仲間も、みんな口をそろえて言う。

「一口飲めば元に戻る!」

「火種はもっている!」

しかし本当にそうなのかどうか自分では試していない!
多くの人たちが口を揃えてそう言うが、それは本当に真実なのだろうか?
おそらく間違いはないと思う。が、自分で試してみないと納得できない。

昔から化学や物理の実験は大好きである。
何故か?
それは、真実の理論は再現性があり、証明することが出来るからである。

宗教は大嫌いである。
何故か?
それは再現性がない、もしくは時間がかかる。証明しにくいからである。


タバコを止めたときもしかり。
4年前に根性で半年止め、スリップして元のヘビースモーカー復活!
しかし、半年の禁煙が自信になり、3年前に再度禁煙を決意し現在に至る。もう、一生喫煙する気はない。言い切れる。実験は成功の母である。

酒は今のところ特に飲みたくはない。
しかし、スリップ後に連続飲酒が復活するのかどうか、経験がないので分からない。回りの人たちは100%連続飲酒に落ちている。しかし俺は違うかも知れない。いつの日か試してしまう時が来る様な気がする。どうせ試すなら早い方が良いのではないか?

再飲酒を正当化するための心の準備なのか?
アル中を否認しているのか?

いや、少し違う!
離脱症状や心身の疾患を考えるとアルコール依存症であることは間違いない。しかし、アルコール依存症が飲酒のコントロール障害の意味を持つことを理解できない。なぜならば自分で再現させていないからである。医学でも解明できないメカニズムをアルチュウハイマーな俺の脳みそで理解することが出来なくて当然である。

「食い合わせ」や「言い伝え」を真に受けて実行しているようなものである。確かに先人の言うことに間違いは少ない。転ばぬ先の杖であることは間違いない。

しかし、しかしだ!

俺は、ストーブの周りで暴れちゃ駄目!って言われてじっと大人しくしている良い子ではなかった。ストーブに置かれたやかんをひっくり返して煮え湯を被って初めて熱さの分かるアホな悪ガキだった。おっさんになっても三つ子の魂は変わらない!

こう言うのを「屁理屈」というのは十分分かっている。
しかし、もし我が身で実験してみるならば早い方が良いのではないだろうか?
証明実験無しで自分を折伏し続けることが出来るのだろうか?

昨夜はアルコール無しの宴会が本当に楽しかった。これも事実である!

しかし、コントロール障害が治らないということを理解しきれない事も正直な気持ちである。己の中で決着つけずにこのまま中途半端な気持ちを放置していて良いのだろうか?

疑問は残るが別に無理してまで飲む必要はないので一応、今日も断酒!



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
(気持ちは揺れていますが・・・)
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

(^O^)/C□☆□D\(^_^ )カンパーイ!

って感じで、昨年まではクリスチャンでもないのに、
クリスマスをネタに飲ってたなぁ!

今年はアルコール抜き!
さらに、一人ぽっちのイブ。

もう独りで過ごす夜には慣れてきたはずやけど、
世間のイルミネーションを見ると、たいして寒くも無いのに隙間風が寒く感じる。

こんなときは独りでバーボンをロックで飲りたい!



先日、断酒会例会で、大変熱心な某会員さんが

○○○院長がなんぼやねん!
断酒会がどないしてん!
なんで酒飲んだらあかんねん!

って思いで飲んでしまいました。と懺悔してらっしゃいました。
俺とは違うクリニックに通ってらっしゃる方で、朋友会の方です。


もう飲酒欲求がまったくおきないと言う人。

絶対に飲まない自信があるという人。

酒の囚われは無くなったと言う人。

断酒始めたばかりの人。

10年以上素面の生活している人。


自分を含めて色んな人が、色んなコンディションで、色んなシチュエーションで酒を断っている。

しかし誰が何と言おうと、全てにおいて酒を優先してきた、世の中でアルコールを一番愛した人種なんです俺達は・・・

たった今の瞬間、酒を断ってるだけでみんな全員種火を持っている。

いつ引火するか分からない「連続飲酒」って爆弾を抱えながら!


まぁ、飲ってみたいと思っただけです。

今夜も断酒できそうです。

メリー・クリスマス!




今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと断酒の励みになります。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

断酒82日目

断酒中のアル中にとって、大変危険ゾーンである天神祭もスリップすることなく無事通過した。しかし、神様も酷なものである。またまた大きな試練を与え給う準備をしておられるのだ。

「中学校の同窓会」

1972年に卒業して以来、2年前に始めて連絡があったが仕事で参加できなかった。
では2年後に、ということで忘れていたらお知らせが舞い込んだ。


10月7日(日曜日)
卒業して35年、懐かしい笑顔に会いに是非ご出席くださいますようお願い申し上げます。




出席したい!

絶対したい!

そやけど、今度はクリアーできるか? >俺


35年ぶりですぜ!
なんせ、その頃家飛び出しとるわけやから、ほんまに35年ぶりやねん。
会ってみたいなぁ!
一緒に飲んだら楽しいやろなぁ。

普段のツレと居酒屋やったら多分、「ウーロン茶」でいけると思う。
緑茶や、お冷や、コーラや、チャンポンしまくってでもいけると、多分思う・・・

けど、35年ぶりってのはきつそうやなぁ。

酒も飲まんと、「ウーロン茶」だけやて!
まるで酒もよう飲まん「へたれ」みたいやんけ!
久しぶりの挨拶代わりに、豪快にポン酒一升瓶ごとイッキをめしたりたい!
めすだけやのうて、飲りたい!

まいったなぁ、
順調に行ったとして152日目か、
5ヶ月目か、
時期的にもやばそうやなぁ、


今回もパスするか・・・

そしたらまた2年後、俺が52歳。
これってアルコール依存症の平均寿命やんけ!

平均でいきゃぁ、俺には次の同窓会は無いかもしれんわけか、
なら、今年出とかんと死んでも死に切れんっちゅうこと?

成仏出来んで浮遊霊になるか?
「断酒中のヘタレです」の看板背負って参加するか?
どうせ独り身、あと2年の命、浴びるほど飲って逝くか?

なんか、選択範囲が狭いなぁ。


神さん、仏さんって、ほんまにいけずやのう!



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

このページのトップヘ