アル中 −アルコール依存症との戦い−


アルコール依存症(社会生活から抹殺)  →  死に至る
この図式から正常に戻りたい。 別に死ぬことへの恐怖は無いが命ある以上まっとうに生きたい。その思いを日記に記す。

タグ:アディクション

先日ってもう何日もたつけど、何年ぶりやろ?
多分10年近く、ほんまにずいぶんご無沙汰の友人と会った。

彼はアル中ではない。
アル中やシャブ中でない人間とゆっくり過ごすのは久しぶりである。

積もり積もった話を延々と酒も飲らずに深夜まで語りあった。

彼は元々アルコールを好むタイプではない。いわゆる機会飲酒というのをほんの付き合い程度に軽く飲るだけだ。しかし、彼も煙草は吸っていたが今は止めていた。

どうもタバコを止めるときには、いつも吸っている場所にペットボトルのお茶を置き、吸いたくなったらお茶を飲むという形で「作業の置き換え」を徹底して実行したという。これはアディクションの置き換えである。

喫煙という薬物依存症を、お茶を飲むという無害の作業に置き換えたのである。
もちろんタバコもニコチンという薬物の依存である以上、退薬症状(離脱症状)は起きる。私の場合は約2週間、退薬症状に苦しんだ。彼もそれくらいかかったという。

薬物がウォッシュアウト(退薬)するには2週間が目安のようである。
退薬してしまえば精神依存を克服する段階に入る。早い話、身に付いてしまった癖を直すようなものかな?少し違うかもしれないがそこんところは有耶無耶でご勘弁ください。

私も良く似た方法で禁煙を成功させた。
代替とは思えないほど糞不味い「禁煙草」というニコチンの無いタバコモドキを吸い、根性でニコチン中毒を乗り切り、退薬後「パイプ」をくわえるという作業に置き換え、その後ガムを噛むという作業に置き換え、色々試行錯誤を繰り返しながら禁煙に至って間もなく禁煙1315日、禁煙は成功している。


何処にでもあるような方法やけど、アディクションを別の作業に置き換えるという点では教科書どおりの方法なのである。

シャブを止めるために酒の酩酊に置き換えたという仲間もいる。
これも一つの評価できる方法であるとは思うが、次に酒も断たなくてはならないようになってしまった。これがアディクションのもぐら叩き!

叩かれないもぐらに置き換えればよいのである。


私の場合、最初はとにかく忙しく過ごした。
通院と仕事に追われるように過ごす事で酒を飲む時間を無くす様に努めた。
口が寂しいときはいつも飴玉をほおばっている。
これは今でも続けている。いつも飴玉を袋に入れて持ち歩いているのだ。
大阪のおばはんみたいや!って仲間に言われながらも「アメちゃん」に置き換えている。

今は、ウォーキングに毛がはえた程度のジョギングをしている。
お散歩の延長程度のサイクリングも続けている。

これが結構、飲酒に対する作業の置き換えになっているのだ。
今、飲み始めると息が上がって走れなくなるのは目に見えている。
せっかく少しずつ走れる距離が伸びてきているのに、今更飲酒で体力を無くしたくない。

酒と相反する嗜好に依存するのがベストではないかと感じている。

飲酒に変わる健全な依存対象、何かお勧めがあれば教えていただければ幸いです。



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックお願いいたします。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

アディクション/依存症と回復
〜当事者・自助グループからの発信〜

7月6日(日)
依存症やアダルトチルドレン、あるいはその家族に対して自助グループからの参加を呼びかけるフォーラムがあり、行ってきました。


断酒会(アルコール依存症の仲間)
AA(アルコール依存症の仲間)
DARC(薬物依存のリハビリ施設)
MAC(各種依存症リハビリテーションセンター)
ACA(アダルトチルドレンの仲間)
ACODA(アダルトチルドレンの仲間)
SA(性依存の仲間)
NA(薬物依存の仲間)
EA(感情や情緒の問題を持つ仲間)
摂食障害の仲間
ギャンブル依存症の仲間
共依存の仲間
各種依存症の家族


これだけアディクションが勢ぞろいしたフォーラムははじめてである。
みんなの体験談を聞かせてもらって、依存の対象物は違えども、依存の根っこは全て同じである事を改めて痛感した。

また、依存する事で発生する「報酬効果」のメカニズムも対象物が違っても同じである事も勉強できた。

「アディクションからの回復」
というテーマで精神科ドクターの講演もあった。

依存症治療の大御所である「久里浜式プログラム」とは、また違った観点のアルゴリズムも紹介があり、なるほどと思えるがこれは専門家にお任せして、酒害者当人としては参考程度に聞かせてもらった。しかし、ここ10年で依存症治療は画期的に進歩したが、今後10年でますます進化する事も確信でき、将来は明るい。

色んなトラウマや依存症に苦しんでいる仲間が居り、またその行き詰まりから回復していっている仲間がいる。

苦しいのは自分だけではない。

依存症、決して特殊な病気ではないのだ!

アディクションフォーラム






今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

断酒299日目

アルコールを断ちはじめたころに比べると断酒何日目というこだわりが少なくなってきている。
毎日カレンダーに印を付けていたのに、いつの間にか数日分まとめて印を付けるようになってきた。

飲酒に対する欲求も一昔前に比べると頻繁に起きることもない。欲求が起きてもそれを押さえ込むことも難しくなくなってきた。

断酒会の退会を意識し始めてからは例会出席が著しく減ってきている。
一時はしゃかりきに例会出席していたが一種の義務感のようなものだったのか、飲酒欲求のベクトルを置き換る作業として断酒会例会への出席にエネルギーを消費していたようだ。

何か拍子抜けしてしまった!

結局、アルコールに対するアディクションを何か別のものに置き換える作業をしなくてはいけないのは間違いない。例会出席という形での時間とエネルギーの消費が減った今、何を持ってその穴埋めをするか?

ポッカリ空いてしまった穴からアディクションという「もぐら」が出てこないように・・・

幸いにも多趣味でよかった!
アルコールや薬物以外に目を向ければよいだけである。

しかし、今思い起こすとどれほどのエネルギーを飲酒に向けていたことか、恐るべしエチル・アルコール!

さて、初心に戻って一から自助グループを見直して見る必要はありそうだ。
自分がアル中であることを脳みそに刷り込む作業だけは怠らないようにしなければならない。


今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

ご喜楽な気分で膨らみかけたポケット

怒りで裂けてしまったポケット

哀哀とした孤独感にぽっかり穴の開いてしまったポケット

心のポケットはいつも何か詰め込んでいないと安心できない

酒を止めればギャンブルに

シャブを止めればアルコールに

常に何かに依存することでポケットを一杯にする。

これを「依存のもぐら叩き」というらしい。

結局はクロスアディクションである。


そのクロスが読書であるとか、ランニングであるとか、無害なものであれば問題ないだけであって、人の心とはそういったものだと思う。


違法ドラッグよりは合法ドラッグ

合法ドラッグよりはアルコール

飲酒よりは喫煙


精神科で言うところの「アディクション」とは社会や体や心に害のある依存を指すようだ。

借金してまでの買い物癖であれば立派な「買い物依存」、借金しなければ「日常生活」
読書にしても然り、ブログにしても然り、ミクシイなど「ミク中」という言葉まで発生している。これも度を越せば立派なアディクション。

要するに人の心は、いつも複数の依存で満たされていないと駄目なのである。

だからバーベキューでもピクニックでも、害のない「もぐら」であれば叩かれることはない。そういった気持ちで、チーム「もぐら」と名付けたのであります。

あと数十分で、断酒109日達成!



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

このページのトップヘ