アル中 −アルコール依存症との戦い−


アルコール依存症(社会生活から抹殺)  →  死に至る
この図式から正常に戻りたい。 別に死ぬことへの恐怖は無いが命ある以上まっとうに生きたい。その思いを日記に記す。

カテゴリ: コントロール障害

立ち飲み屋のカウンター

見知らぬ者どうしが並んで飲み、込みだすと誰もが自主的に場所を詰める。
気がつくと、見知らぬどうしが肩触れ合って飲んでいる。
さらにカウンターが込みだすと、今度はカウンターに対して斜めに立つ。

誰が言い始めたわけでもないが自然に出来上がった「立ち飲み屋ルール」。

見知らぬ者どうしがふとしたきっかけで話しかけ、気付けば旧友のように一緒に酒を飲る。
そういったシーンが日常的に存在する。

飲み屋のカウンターはハードボイルドな男のロマンなどではなく、実はセンチメンタルな世界なのだ。独りで立ち飲み屋に出入りする酒飲みは、実は寂しがりやなのではないだろうか?

どうも酒というものは、対人関係の不安や緊張を消し去り、社交的にしてくれる薬物のようだ。古今東西に酒文化が開花したのはこの「酔い」の効用のためらしい。


酒は上手に付き合えば「百薬の長」


しかし、酔いに任せ酒に飲まれる飲み方を続けていると飲酒のコントロールが出来なくなる。酒を抜くことが出来ず、習慣的に飲むようになると酒に支配され、酒に酔いつぶれるまで酒が止まらなくなる。

酔いが社交的な効果を発している間は問題ないが、過ぎると自分を過大評価しだして怖いもの無しになってしまう。こうなると酒は「きちがい水」に変わるのだ。

そして習慣的に飲み続けると飲酒のコントロールが自分の意思では出来なくなる。


これが、アルコール依存症!


私もアルコール依存症と診断されるまでは友と語らいながら酒を酌み交わし、酔いという高揚感の中でお互いのきずなを確かめ合ったものです。

美味い酒と肴で、楽しい時間を大切な人たちと共有できたのです。


アルコール依存症は死に至る進行性の病です。
断酒することで回復することは可能です。
しかし、現在の医学では完治しない病なのです。

アルコール依存症の正しい知識があれば、今でも上手にアルコールとお付き合いできていたでしょう。しかし残念ながら私はアルコール依存症です。

アルコールを断つ生き方しか選択肢は無いのです。

しかし、酒の無い人生も案外悲観的なものではない!
最近少しだけそのように思えるようになって来ました。


今日も何とか飲まずにすみそうです。

断酒、214日



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

6月から病気療養ということで仕事を病欠している。

多分、プー太郎になってしまうなぁ、このままでわ・・・

まぁ、この際アルコールでガタガタになってしまった体のメンテナンスの時期ということで割り切るしかないと思っている。

しかし、酒も飲まずに仕事もしていないと、なんと一日が永いものか!

連続飲酒に落ちてるときは、飲ってるか、寝てるか、のどちらかだけで、過ぎ行く時間の速いことおびただしく、朝なのか、夜なのか、曜日すら分からない状態だったのに、まるで漆黒の岩窟に閉じ込められているように・・・


おっと、こんな鬱った事を書くつもりではなかった。
一日を長く感じるからこそ出来るだけ健康的に生活しようと自分で決めていたのだった。

最近、病院通いが仕事と思って、精神科、外科肛門科、耳鼻咽喉科に通っている。もちろん精神科が週4日でメインである。痔の術後は順調だが、まだ自転車には乗れないのでリハビリと運動不足解消のため、3駅離れた精神科へも徒歩通いしている。1日2万歩/約14キロを目安に歩いている。最低ノルマは1万歩/約7キロと決めている。

今日は精神科の休診日。
耳鼻科通いと日常の買い物くらいしか用事は無いので、近隣をぶらぶらと散歩してみた。
実は大阪市内のど真ん中、「本町」というところに住んでいる。オフィス街である。東京で言えば「新橋」って感じかなぁ?

夕刻にふと万歩計を見ると7千歩ほどしか歩いていない。
で、お散歩に出かけたわけであるが、5年も住んでる地元でもけっこう見落としているところがあるものだ。

時計を見ると7時半、昼と夜の黄昏時。
うっすらとした空間に飲み屋の看板と赤提灯がぼーっと浮かびはじめる。
道端から店内をのぞくと、世間よりも微妙に明るい。
今日一日の労働を癒すためか、憂さを晴らすためか、単に酔うためか、様々な顔をしたネクタイ族が集っている。

つられて飲酒欲求が湧くわけでもなく、なんとなく覚めた目で観察している自分がこっけいに思えた。


「飲酒欲求」と「断酒決意」のトワイライト・ゾーンなのか?



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

久里浜式アルコール依存症 −−スクリーニング・テスト−− 判定結果


総合点      判定(グループ名)

2点以上     きわめて問題多い(重篤問題飲酒群)

2〜0点     問題あり(問題飲酒群)

0〜−5点    まあまあ正常(問題飲酒予備群)

−5点以下    まったく正常(正常飲酒群)





皆さんいかがでした?
けっこう自覚なくても問題ありの方は多いのでは?
それ以前に、このブログを読んでいただいてるあなたは、

間違いなく、「予備軍以上」のはずです。

頑張って一緒に立ち直りましょう!



ちなみに私の結果は次のとおりです。


01 ある         3.7
02 十分あてはまる  3.2
03 十分ある      2.3
04 十分あてはまる  2.2
05 十分あてはまる  2.1
06 十分あてはまる  1.7
07 あてはまらない −0.5
08 ある         1.2
09 十分ある      0.8
10 ときどきある    0
11 十分あてはまる  0.7
12 十分あてはまる  0.6
13 ない         0
14 あてはまる     0.1

  合計         18.1



(^_^; タラ〜リ

ひどいものです。この結果を見ると自虐的になってしまいますね。
2点以上の状態なら、おそらく16歳のころからです・・・



ブログランキングに参加しています。あなたの応援、お待ちしてます。
下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

久里浜式アルコール依存症  −−スクリーニング・テスト(KAST)−−

最近六ヶ月の間に次のような事がありましたか? (全14問)
該当するほうの()内の数字を足して14問の合計を出してください。

01 酒が原因で、大切な人(家族や友人)との人間関係にひびがはいったことがある。
  ある。(3.7)
  ない。(-1.1)

02 せめて今日だけは酒を飲むまいと思っていても、つい飲んでしまうことが多い。
  あてはまる。(3.2)
  あてはまらない(-1.1)

03 周囲の人(家族、友人、上司など)から大酒飲みと非難されたことがある。
  ある(2.3)
  ない(-0.8)

04 適量でやめようと思っていても、つい酔いつぶれるまで飲んでしまう。
  あてはまる。(2.2)
  あてはまらない。(-0.7)

05 酒を飲んだ翌朝に、前夜のことをところどころ思い出せないことがしばしばある。
  あてはまる。(2.1)
  あてはまらない。(-0.7)

06 休日には、ほとんどいつも朝から酒を飲む。
  あてはまる。(1.7)
  あてはまらない。(-0.4)


07 二日酔いで仕事を休んだり、大事な約束を守らなかったりしたことがときどきある。
  あてはまる。(1.5)
  あてはまらない。(-0.5)

08 糖尿病、肝臓病、または心臓病と診断されたり、その治療を受けたことがある。
  ある。(1.2)
  ない。(-0.2)

09 酒がきれたときに、汗が出たり、手がふるえたり、いらいらや不眠など苦しいことがあ  る。
  ある。(0.8)
  ない。(-0.2)

10 商売や仕事上の必要で飲む。
  よくある。(0.7)
  ときどきある。(0)
  めったにない。(-0.2)

11 酒を飲まないと寝つけないことが多い。
  あてはまる。(0.7)
  あてはまらない。(-0.1)

12 ほとんど毎日三合以上の晩酌(ウイスキーなら 1/4本以上、ビールなら三本以上)をし  ている。
  あてはまる。(0.6)
  あてはまらない。(-0.1)

13 酒の上での失敗で警察のやっかいになったことがある。
  ある。(0.5)
  ない。(0)

14 酔うといつも怒りっぽくなる。
  あてはまる。(0.1)
  あてはまらない。(0)



テストは以上です。総合計点を出してください。

判定は明日の日記で発表します。



ブログランキングに参加しています。あなたの応援、お待ちしてます。
下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

生活指導の教師に好かれていた俺は先生のおかげで無事に高校を卒業したが、何の進路も決まっていなかったのでとりあえず職業訓練校に入ることになった。電子計算機科だ。昭和49年当時ではITという言葉もないくらいの「はしり」である。

独り暮らしの俺は学校の寮に入る。職業訓練校というのは俺のように新卒ではいるのは珍しく、たいていは社会生活の出戻り組みなので年齢は色々だ。当時は失業保険受給中に入学すると卒業までは保険が受給できたのでそのシステムを利用して遊んでる輩が大半だったように思う。寮生も新規中卒の16歳から、上は50歳くらいだった。

当時30歳くらいだったと記憶するが、全国の紡績関係の職場を転々としているやくざものもいた。本人は隠していたが、夏場でも半そでは絶対に着ず泳ぎにも行かなかったので分かる人にはわかると思う。

この人とは歳の差はあれど妙に馬が合い夜毎飲み歩いたのである。今思い出すとこの人はきっとすでに肝臓を悪くしていたと思う。18歳の俺よりも酒が弱くすぐに吐いていた。

ま、しかし夜毎飲み歩くうちにそういった仲間も出来、グループで徘徊していた。
もちろん学生の身分なので安酒しか飲れなかったが、近くに某マンモス大学があったので安酒には不自由しなかった。

無人の自動販売機だけのショップあって、そこには普及し始めの電子レンジがあり、カップの酒を自販機で買ってチンをする。
そういえば「うどん」の販売機もあったなぁ。いまどこにでもあるカップ麺ではなく生麺の「うどん」のやつ。懐かしい!
商品の取り出し口から腕を入れていくとプラスチックのどんぶりに生のうどんとてんぷらが入ったものが簡単にパクれる。スープはないけど貧乏な俺はこれによくあやかった覚えがある。
(ちなみに時効やけど良い子は真似しないように!)

で、隣には雀荘があるのだ。カップ酒でええ塩梅になり、マージャンしながら餃子でポン酒をあおる。場の酒と飯を賭けてのせこい勝負!

そういえばこんなことがあった。
いつものように数人で某マンモス大学の学生街を徘徊し酩酊しながら寮への帰り道
(寮は訓練校の敷地内のグランドの隅にあった)

「河内の連れションじゃー」

と騒ぎながら横一列に並んで小便をしてると、一人の先輩がいきなり仰向けに倒れた。小便は終わってないので噴水状態。当然ながら着衣も靴も己の小便でビチャビチャ。
皆で彼をグランドを引きずって寮まで戻ったことがあったが、翌日の彼にはその記憶はない。やくざな先輩も覚えていない。

皆、酒が弱い。弱すぎる。一升飲んでもしっかりしてるのは手前味噌ながら俺一人。こんなこと何の自慢にもならないが当時の俺には自慢の一つであった。

この時期もアル中になるための条件は揃っていた。



ブログランキングに参加しています。あなたの応援、お待ちしてます。
下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook)

このページのトップヘ