アル中 −アルコール依存症との戦い−


アルコール依存症(社会生活から抹殺)  →  死に至る
この図式から正常に戻りたい。 別に死ぬことへの恐怖は無いが命ある以上まっとうに生きたい。その思いを日記に記す。

カテゴリ: 鬱

寂しい〜〜〜

あ〜、吐き出したらすっとした!
今更ながらなんですが独り暮らしは堪えます。
出かけるときに独りでドアに鍵かけて、明かりの灯っていないむさ苦しい男所帯に戻ってきても話し相手もなく、自分ひとりの飯など適当に手を抜いて孤食する。

自分の悪酒の結果が今である以上仕方の無いことやけど、正直なところ話し相手がいてないというのは寂しい。

傷めている膝にシップを貼り、膝をかばって出てきた腰痛にシップを貼ろうとしても、これが結構大変なのだ。人が独りでは生きていくのは難しい、そして侘しい。

彼女を作ろうにも今の甲斐性ではとても無理、なかなか前向きには考えられない。
ヒモ生活は向いてないし、ほんまに生活力のない自分に嫌気がさしてしまう。

そんな状況に焦りを感じてた。
ここ最近の不安定な気分、確信犯的な飲酒未遂、焦燥感から酒に逃げようとしていたのだと思う。

そこで気付いた!
孤独を楽しめばええんや。
貧乏でもその分時間は有り余るほどある。

いつも自分で言ってた『アディクションの置き換え作業』
トレーニングが出来ない事に拘りすぎて忘れていた。
開き直って今の生活を受け入れてやれば苦しくない!

そう思えばずいぶん軽くなりましたよ。

ウォーキングに毛の生えた程度のスロージョギングも始めてみました。
時たま膝から下を切って捨てたくなるほど嫌な痛みはあるがゆっくりの5〜6キロなら何とかなることが分かった。大阪城

やっぱ、汗をかくのは気持ちいい!

断酒 807日
禁煙1646日


今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

何かしらやる気が出ない。
我慢できないほどではないが酒も飲みたい。
綺麗さっぱり忘れていた飲酒欲求が、じわじわと染み出すように湧いてくる。
日替わりのように気分が変わる。
少し鬱状態のような嫌な気分や!

こんなときは飲んだら元気になるぞ、と頭をかすめる。
もちろん飲んだらあかん事は分かってる。

今のところ、自分の所属する断酒会の例会には参加している。
院内のミーティングにも参加している。
しかしテンションは低い。
飲酒欲求も出てくる。

なんでや?
落ち着いてるときと、苛ついてるときと、へこんでるときの差が激しい。
断酒会に疑問を感じ始めてからリズムが狂い始めてる。

こんなときに動くと苛々が募るのは経験的に分かってるのであまり動き回らない方がいい。
しかし、代わりに鬱状態に陥るのもこんな気分のときに多い。

最近、睡眠剤も効きにくくなってきている。
リズムが狂い始めると何もかもが逆回り始める。

まだ、ブログを更新する気になれるだけましかな?

起きてたら碌な事考えんから寝よ。
って寝れんやろなぁ。


クリックお願いします。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

半月ほど鬱々としたマイナーな気分ですごしてきたが、ようやく少しながら鬱と折り合いもつき、気が楽になってきた。

しかし相変わらず寝る。不思議なくらい眠れる。まるで連続飲酒しているときのようだ。目が覚めたとき、昼なのか夜なのかさえ分からないほどひどい!

いずれにしても飲酒欲求は少し落ち着いてきたようだ。
気持ちに折り合いが付いたからと思う。
飲んで楽になることよりも飲まずにいたほうがもう少し楽だと思えるようになったから、かろうじて断酒継続を選べている。

明日は精神科の診察日。先週は祝日だったため2週間ぶりの診察だ。
少し気が重い。
ドクターの言葉がいちいち胸に突き刺さる。
明日の診察はさらりと流そう。

しかし暫くの間、院内ミーティングにも出ていないし、さらっと流すのは難しいかも?

普通、精神科ドクターの診察が癒しにならず、イラつきに繋がるってのもなぁ・・・


紆余曲折ながら断酒205日


今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

鬱々です。


とても些細なことやのに

自分の中では折り合いつけてたのに

自分が悪いのに

しかし、切れた

プッツンと


自分は安定してると思ってたけど

大丈夫と思ってたけど

自信は禁物

落とし穴に落ちた

ディープやわ




スリップはしてません。

でも、とても飲りたい!

ミクシイで普通を装って書き込みに励んだりしても、

きつ〜いのをあおれば逃げれるのになぁ、

やっぱり、よわいなぁ。おれって!



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日で断酒100日目。

今になってみれば簡単に迎えることができたような気がする。でも思い起こせば最初の1週間ほどは本当に苦しかった。あの離脱の苦しみを忘れないようにしなければならない。同じ苦しみを繰り返さないようにするためにも!

今、一度思い起こしてみると、
15年ほど前から、強力な手の震えで飲んでないと字がかけなかった。で、震えが止まっているときでも緊張すると震えだす。動悸も激しくなる。怒りをともなうときには、全身の激しい震顫、激しい動悸、流れる冷や汗。パニックと同じ症状がでる。

10年前くらいに、吐血する。鮮血を大量に吐いた。町医者に行くがその時点では出血がなかったので原因が分からないまま、さすがに少々びびった俺は3日ほど酒を抜く。が、苦しみをともなう離脱症状らしきものは無かった。で、連日の飲酒に戻る。

8年前、朝起きると顔面片側が血のりでべっとり、髪の毛は血のりでレゲー状態、自分以外の嫁や、たまたま泊まりにきていた従兄弟が驚く。何事か分からぬまま鏡を見て納得。どうも寝ている間に鼻血が大量に流れ出ていたようだ。痛くもかゆくも無いので、気にも留めなかったが、三夜連続で血まみれになり少しびびるが飲酒は続く。

数日後に、日中職場で鼻血が左から出る。ティッシュを詰めて止めるが右から溢れる。左右共にティッシュで塞ぐと鼻血が喉にまわる。1時間ほど待つが出血は止まらず血まみれ状態になる。さすがに困って、病院に行こうとするが、タクシーに乗車拒否される。そりゃぁ当然、顔面血まみれで、トイレットペーパーをロールで持つ手も血まみれなら乗車拒否されて当たり前かも、しかし気のいいタクシーが汚れてもいいからと乗せてくれる。

耳鼻科で内視鏡を使って出血点を探すが、診察を待たされてる間に出血が止まってしまってるのでその時点では分からず。CTを撮るが原因分からず仕舞い。結局、やはり3日酒を抜いてもとの休肝日無しに戻る。当時の血圧は下が70〜80、上が140〜170。不意に胴回りに痒みを感じ出すのもこの頃から始まる。

手の震えは相変わらずひどく、字は書けないし、箸でうどんを掴むこともできない。ぐいのみに一升瓶から酒も注げない。たまたま両手の震えがシンクロしたときだけ酒をこぼさずに注げる。こんな状態が続きながら、吐血や鼻血などの出血は起きなくなった。

が、5年ほど前から、激しい動悸が日中起きるようになる。理由が分からず心臓が悪いのかと勘違いして、禁煙を決意する。今考えると、24時間酒が持たなくなっていたのだ。日中から離脱症状が出始めていた。しかし、当時は理解できなかった。禁煙は半年間続くが失敗に終わる。

さらに夜一人でいると、背丈ほどのパキラやアレカヤシ(観葉植物)が人に見えて動き出す。錯覚と思っていたが、おそらく幻視だ。

3年ほど前から飲酒後、24時間ほどで激しい動悸、全身の激しい掻痒感、冷や汗、不眠が始まる。原因が分からず不安を感じるが酒のせいとは考えもしなかった。今思えばその後、飲酒で止まっていたので気付かなかっただけで列記とした離脱症状である。

2年ほど前からは異状に腹が張り、前屈が苦しくなっていた。腹水が溜まっていたのだと思う。前触れ無しにいきなり気が狂いそうな痒みが突発的に起きだしたのもこの頃だったと思う。さらに数日間の連続飲酒も始まる。いきなり電話のベルがワン切り、普段鳴ることの無い電話が頻繁にワン切り。幻聴が始まる。
性格も凶暴に成る。わざわざやくざっぽいのを見つけては喧嘩を売りに行く、で、ぼこぼこにどつきまわす。黒塗りのベンツのほんまもんに仲裁に入られたこともあった。

「兄ちゃん、それくらいで堪忍したりぃな!」

この頃から体が酒を受け付けなくなる。食欲も無く、流動食くらいしか受け付けない。受け付けても吐くことも多くなる。で、暫く酒を抜く、半月や一月の間、断酒できる。タバコと同じく暫く止める事が可能と思い始める。

今思えば、山形飲酒の始まりだった。が、当時は飲酒をコントロールしているつもりだった。大きな勘違いである。多少からだが回復すると連続飲酒を繰り返す。起きてる間は飲りっ放し、寝ている間というよりも気を失ってる間だけ飲ってないだけで、意識のある間は飲りっぱなし。その間はブラックアウト。1週間が1日くらいの感覚になってしまっていた。

で、1年前に結核発症。隔離病棟に入院。
このとき初めて恐怖の離脱症状をあじあうことになる。死にそうなほど苦しい動悸、気が狂いそうなほどの痒み、あらゆる筋肉の痙攣、流れ出る冷や汗、通常量の睡眠剤では効かない不眠、ウトウトしたときに見る悪夢、夢遊病のように無意識で暴れる自分。そして、激しい飲酒欲求・・・

少しの出来事で簡単に切れる。イライラする。激しい飲酒欲求。離脱症状の繰り返しが2週間ほど続く。その後ひと月ほどで苦しい離脱症状はなくなるが、イライラと不眠と激しい飲酒欲求は続く。で、挙げ句の果てに看護師長にぶち切れて病院を脱走する。感情のコントロールが出来なくなっていた。

その後、結核治療が終わるまで近所の内科に通院する。おそらくこの頃に鬱が発症していた。何もかも投げやりに成りながら、クリニックの先生だけが話し相手、相談相手、日々上がっていくγ-GTP。このとき先生にアルコールの恐ろしさをやさしく、そして、激しく教えられる。

この頃、自分の中にアル中と戦おうとする芽が出始める。


現在の血圧、下60〜70、上110〜130
禁煙2年7ヶ月継続中


まもなく断酒100日達成!



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

少し前のことですが、

中島 らも(1952年4月3日 - 2004年7月26日)氏の没後3周年の墓参りに代えて

中島らも展「らもん'S」(7/26〜8/1)ってのに最終日に行ってきました。

らも氏のコレクションしていた各国の楽器(弦)、生の原稿、幼稚園児の頃描いた裸婦、などなどが展示されていた。特に「裸婦」の絵はミロのヴィーナスを見て描いたらしいが天才肌を感じてしまった。やはりただのラリ中、アル中の類ではない。

酒に酔って酩酊して、階段から落ち、外傷性脳挫傷で死んでしまうなんて、あまりにもかっこ悪すぎて・・・

どうせやったら「筑波山の四六の蝦蟇(ガマ)」をくわえて死んでくれた方が、らも氏らしかった。などと考えていたが、やはりあっけない方がカッコよかったのかもしれない。

アル中なんて格好の悪い病気やけど、おなじアル中でも、らも氏はかっこええ!

中島らも氏のおかげで、アル中もまんざらではないと思う。

しかし、断酒決意しながらスリップしておっ死んでしまうのは反則ですぞ!


断酒96日



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

断酒96日目

血液検査75





















手元にある血液検査の結果をまとめてみた。

2004年11月2日というのは警備会社に就いたときの健康診断の結果である。
これ以前は医者の敷居をまたいだことがほとんど無い。あっても検査データなど興味もなかったので控えも無い。しかし、無意識ながらも医者の敷居をまたぐと肝臓で即入院と感じていたのは的外れではなかったようだ。検査の前日、自重していてこの結果なので、おそらく、GOT、GPTは3桁、γ-GTPは4桁を日常的に前後していたものと思う。

2005年2月23日、同警備会社での健康診断結果。
このときの仕事は24時間勤務だったため、少なくとも飲酒後24時間は休肝していたので少し節酒状態だったのである。見事にγ-GTPが半減している。

2006年9月8日、結核入院直前。CRPがバイキンマンを物語っている。

2006年10月3日まで入院中断酒のためγ-GTPがみるみる下がるが、院内で隠れ飲酒始めるので次の12日の検査では数値が停滞する。

2006年10月23日、結核隔離病棟脱獄!

2006年10月26日より結核通院治療始めるが、脱獄後飲酒が始まる。

2006年11月22日、12月7日のγ-GTPをみて少しビビって、断酒する。というよりも酒を受け付けないので半月ほど酒を抜く。

2007年1月11日、断酒の成果が顕著に出る。がやはり体が受け付けないので酒量が減る。

2007年2月8日、検査結果に安心し、飲酒量が元に戻る。

2007年3月8日、γ-GTP新記録達成! しかしCRPは標準値になり喀痰培養検査も陰性になり結核薬の服用治療が3月20日で終わる。

ここからアルコール専門医に繋がるまで自己流の節酒、断酒モドキの葛藤が始まる。

2007年5月9日、現在のクリニックに繋がった日。自己流も少し成果は出ていたようだ。既に字も書けないほどの手の震えは止まっていた。で、現在に至るわけだが、断酒の結果は正直に現れる。


断酒95日達成! 96日目に突入!



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

断酒59日目

ただいま〜
病院通いから帰ってきましたぁ。

って、独り暮らしって寂しいもんですわ。
酒を断ってるから友達付き合いも激減したし、
入院やら通院やらで仕事してないから激貧で出歩くことも少ないし、

酒でも飲んで憂さ晴らしでもせんと鬱ったままになってしまう。
せっかく「基礎講座」と「グループセラピー」でええ話聞いて、感激して、断酒の誓いに磨きをかけても・・・

モチベーションが下がってしまうなぁ。

もっとも、よくよく考えたら独り身になったのも酒が原因と認めざるを得ない。
否認したいけど・・・

酒で憂さ晴らしもでけん「断酒」が宿命なんか、
すっきり「再飲酒」して逝くのが宿命なんか?

カフェ・オーレでも飲みながら考えるわ!


結局、断酒に慣れてきたなぁ、俺。



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日、アルコール依存症関係のブログやHPをサーフしていて、ある方のブログに目が留まりました。やはりアルコール依存と戦っていらっしゃる方です。

この方のWEBには足跡帖があり、アンケートなどもありました。内容は以下の通り。

ついでに私の自己紹介を兼ねて返答もして見ます。


01 ハンドルネームは?:

  小原庄助

02 ハンドルネームの由来は?:

  朝寝、朝酒、朝湯が大好きな伝説上の小原庄助さんに似てると友人が付ける。

03 今日の日付を西暦で:

  2007/04/01

04 老若男女どちら?:

  ♂

05 血液型・星座は?:

  A型、みずがめ座

06 お住まいは?:

  大阪市内

07 趣味は何ですか?:

  アウトドアで飲酒

08 好きな食べ物は?:

  日本酒とカニ

09 好きな音楽、アーティストは?:

  ブルース、リー・オスカー

10 好きな花は?:

  朝顔

11 好きな言葉は?:

  Going my way.

12 記憶に残る映画は?:

  Big Wednsday

13 記憶に残る本は?:

  野生のエルザ

14 生まれ変るなら男?女?:

  ♂

15 性格は?:

  実直でやさしいと思う。が、最近は凶暴

16 パソコン歴は?PCはどんなの?:

  10年以上。自作DOSV機

17 インターネットは好きですか?:

  大好き!無いと生きていられない。

18 最近楽しかったこと、嬉しかったことは?:

  よく考えれば何も無い

19 タイムマシンに乗ってどの時代に行く?:

  中学生のころ

20 超能力者だったら何をしたい?:

  「必殺仕置き人」と「ねずみ小僧」

21 ストレス解消方法は?:

  飲酒

22 子供の頃(小学生までの間)夢中になった漫画・アニメは?:

  鉄腕アトム、サイボーグ009

23 欲しいドラえもんのアイテムを一つ:

  どこでもドア

24 それはなぜ?:

  他に知ってるのは「竹コプター」しか無いから

25 心に残る言われた名悪口を教えてください:

  恩に着せるね

26 政治家にひと言どうぞ:

  地獄で待っといたる!

27 将来の夢は?:

  よく考えると何も無い。

28 好きな人に恥ずかしくて言えないセリフはなんですか?:

  好き

29 一番大切なひとは?:

  誰もいない。しいて言えば母か?

30 あなたの宝物は?:

  何も無い。

31 宝くじ3億円当たったら?:

  思いつかない。

32 行ってみたい国は?:

  今は無い。

33 今、一番したいことは?:

  浴びるほど飲んで永遠に眠りたい。

34 休日はなにをしていますか?:

  酒を飲んでるか寝てるか、気分のいいときはPCを触ってる。





なんか書き込んでるだけで気分が悪くなってきた。
先日、このアンケートに答えているときも同じく気分が悪くなった。

要するに何の希望も無く、何の生きがいも無く、ただ飯を食って生きてるだけ。
死ぬ事も別に怖くないし、生きたいという執着も無い。

守らなければならない家族も無い。

もしかすると、ブログの更新が唯一の生きがいかも知れない。
そんなわけ無いか・・・


やはり、酒が唯一の友。
それもできるだけ度数の高いやつ!

あっという間に酔えれば、それだけ地獄に居てる時間が短くなる。

いっそのこと・・・



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
    Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ