こんにちは、アル中のsyousukeです。

おかげさまで断酒継続させていただいております。


アルコール専門クリニックには一般の精神科や心療内科には無い「院内例会」というものがあります。依存症本人やそのご家族が集まって酒害の勉強をしたり、酒害体験談を発表したりする場です。これは集団精神療法とか集団ミラー療法と呼ばれる治療法なのです。

断酒会(家族会)AAアラノン、こういった自助グループも基本的には集団精神療法を行っているのです。むしろ専門医療が自助グループを手本に治療法として取り入れていると言った方が正しい。

今のところ酒害からの回復には、この集団精神療法が最良の治療法であると考えられています。

私が現在お世話になっている専門クリニックの院内例会には酒害者本人だけでなく、そのご家族が多く参加されています。日によっては家族教室かと感じるほどご家族が多く、酷い時には酒害者本人は自分だけという事もあります。


今やガンですら治る病気になりつつありますが、アルコール依存症はいまだに不治の病です。
回復(寛解)はあっても完治はありません。
飲んで死ぬか素面で生きるかの道しか残されていないのです。

飲み続けてもすぐに死ぬわけではなく、また酒で弱って死にかけても現在の医療は簡単に死なせてくれません。依存症者が飲酒を続ける事は緩慢な自殺と同じことなのですが、多くの依存症当事者もそのご家族もこの事実をなかなか認められないのです。

アルコール依存症とは本当に厄介な病気です。
依存症者が病気を認めて専門医療に繋がり、自助グループに繋がる事は回復への必須条件なのは言うまでも無い事ですが、案外見落としがちな事はそのご家族も同様に繋がる必要があるということです。


あなたが本人のお酒を責めることが、さらなる飲酒の理由になっているのです。 
あなたが飲酒をやめさせようとすればするほど、逆効果で、本人は飲酒にはしるのです。
あなたが失敗の尻ぬぐいをし、問題の解決をするかぎり、本人は自分の飲酒問題を認めようとしないのです。
酒をやめさせよう、行動を監視しよう、酒での失敗を防ごうと干渉しすぎることが、飲酒への欲求を強めるのです。


家庭が知らないうちにアルコール依存症者の飲酒を助長しているのです。
これをアルコール依存症維持連鎖と呼んでいます。

本人への干渉、コントロール、批判、攻撃をやめましょう。
監視せずに観察しましょう。距離をおいて、冷静になりましょう。
本人は苦しんでいる病人です。相応の信頼と尊敬を示しましょう。
本人に自分の言葉や行動に責任をもってもらい肩代わりしてはなりません。


一般的にご家族に求められるのは上述の通りです。
しかし、これらの意味するところを理解するのはとても難解です。
一口で対処法を身に付けることが出来るほど簡単な病気ではありません。
是非、専門医療での家族教室や自助グループ(断酒会の家族会、アラノンなど)に参加して酒害を勉強してください。

すぐに全てが解決するわけではありません。すぐに断酒が継続できるわけでもありません。
辛抱強く断酒例会に出席して、これまでの習慣、考え方、感じ方を少しづつ変えていく必要があります。


社団法人 全日本断酒連盟 WEBより引用
http://www.dansyu-renmei.or.jp/kazoku/detail02.html