こんばんは〜

アル中のsyousukeです。
おかげさまで何とか酒は止まっております。


結核予防会大阪病院

4年前の2006年9月11日に、この病院(結核予防会大阪病院)の6階隔離病棟に命令入所と言う形で半強制的に入院させられました。

病名は今や過去の遺物となって久しい「肺結核」です。

「肺病」とか「労咳」とか呼ばれていた不治の病でしたが、医学の進歩に伴って今や完治する病となり、密かなブームもあるようですがほとんど耳にすることもない病気です。

4年前の梅雨頃に人間関係のトラブルから無職になり、飲酒に対する歯止めがなくなった私は、朝から晩まで24時間起きている時は飲み続けるという連続飲酒に落ちていました。飲んでいるか気を失っているか、もう昼か夜かも分からない状態でした。

それまでも、仕事をしながらでも飲酒量はおびただしく、職場でも隠し持ったバーボンを隠れ飲みしないと手の震えがおびただしくてどうにもならなかった・・・

流動食以外はほとんど受け付けず、うどんすら箸でつまめないほど手指の震顫(しんせん)は酷く、ほとんど飯など食ったこともなかった。

ひたすら酒を飲んで倒れる・・・

栄養失調で体の抵抗力はとことん落ちていたと思う。そんなところに結核菌をもらったのか、すでにもらっていたものが弱り目に発病したのか、痰の絡む激しい咳が続くようになったが、酒を止めさせられるのが嫌で医者には行かなかった。もう何年も前からアルコール性肝炎と診断されていたからだ。

お盆を過ぎた頃から強烈に体がだるくなり、一日中吐き気が続き、咳は止まらず、全身冷や汗が滝のように流れ、寝返りがうてないほどの胸痛(咳のしすぎで肋骨が折れていた)に襲われる。

さすがに耐え難く、咳止めと痛み止めをもらいに這うようにして近所の内科に行くと、総合病院に検査を受けに行くようにとまわされてしまった。そして検査の結果、肺結核と診断され、専門病院に隔離・・・



実はこのときから地獄が始まったのです。
外来患者への感染を避けるため、院内の売店にも行くことが許されず、当然外出は一切禁止。一滴の酒も飲めない・・・

離脱の始まりです。
眠れない、全身に虫が這うような痒み、体中の筋肉の痙攣、心臓が破裂するのではないかと思うほど強烈な動悸・・・

眠剤を処方してもらっても短時間しか眠れず、寝ると悪夢にうなされ暴れて目覚める。
同室はもちろんまわりの病室の患者たちまで悪夢による大声で起こしてしまう・・・

約、2週間続きました。
酒を一滴も飲まずに過ごすなんて長年のあいだ一日も無かったこと、離脱症状がこれほど苦しいものとは全く知らなかった・・・


友人が見舞いに来てくれたときなど、

 なんで酒を持ってきてくれへんねん!
 今から買いに行ってきてくれ〜

そんな事でけへんなんて言われると

 なんでやねん、友達やろ!
 頼むから買うて来てくれ〜
 でけへんねやったら絶交じゃぁ〜


今考えたら無茶苦茶でした。でも本人は大真面目!
結局、一月くらい経ってからあの手この手で酒を手に入れて隠れて病室で飲むようになり、挙句の果ては外出許可も出ないのに脱走しては酒を買いに行くようになる。

酒を手に入れるためにはどんな努力も惜しまんかったなぁ・・・

幸いにも結核病棟は医師、スタッフ、患者、全員がマスク着用。
酒の臭いが分かりにくい。多分・・・

別に飲酒が見つかったわけでもないが、ドライドランクも手伝ってか苛々が激しく、病院側の不備を見つけては因縁を付け、院長回診(大名行列)の30分前に非常階段から脱獄に成功!

憧れのシャバの空気は美味かった!

半年入院予定を45日で脱獄して、以後保健所を上手く丸め込んで近所の内科クリニックに通院治療に変更してもらった。もう誰も止めるものはいない。飲みたいだけ飲んで、自宅療養に励みました。

何とか、通院しながら半年のお勤めをまっとうし結核は完治したものの、アル中には磨きがかかり、アルコール性の肝炎はかなり進んでいた。このころが自分の底つきの始まりだと思う。


寝屋川サナトリウム

結核入院時代、結核病棟からは出られないが、屋上だけには自由に出入りできた。
その屋上からこのサナトリウムが見えていた。

精神科のサナトリウム、いったいどんな患者が入院しているのか、当時は知るよしもなかった。その上、自分が精神科のお世話になるなど夢にも思わなかった。


実は、先日アル中仲間がこの病院に入院したので、見舞いに来たのである。
仲間は外出中で会えなかった。精神科のサナトリウムって牢獄のようなイメージを持っていたが案外自由なんやと驚き、結核の方が余程刑務所に近かったなどと、懐かしく当時を思い出していた。

しかし、脱獄した病院のすぐ近くまで行くことがあろうとは夢にも思わなかったが、おかげで離脱症状の苦しかった体験をまざまざと思い出し、やはり酒に手を出すべきではないと、改めて初心に戻れました。


断酒:1221日
禁煙:2060日
前回の飲酒未遂から:161日