こんばんは、アル中の庄助です。

おかげさまで酒は止まっております。


私 :最近クリニックで、Yさん見かけないね〜
   俺自身、クリニックへの通院回数減ってるんで行き違いなんかなぁ?

友人:私、クリニックには行ってるけど見かけないわ。

俺達:また、きっと滑ってるなぁ・・・


これ、つい先日の仲間との会話です。
暫く見かけないYさんの心配をしていたのです。

すると、今日電話がありました。

やっぱり、一週間ほど飲んでるそうです・・・


彼は真面目な性格で早くに断酒会にも入り頑張っていましたが、残念ながら一年少しで飲んでしまいました。その後は再び断酒に取り組むものの、3ヶ月くらいしかもちません。本人は節酒など出来る訳がないことを理解しています。にもかかわらず、再飲酒してしまうのです。


俺、彼の気持ちは理解できる・・・

彼は苦しいときに誰にも吐き出さずに独りで悩むタイプなんです。
きっと、例会でも胸の内を正直に吐き出していない。

例会場にもよるのですが、断酒会というところは偏ったところがあって、

私は酒でこれこれの失敗をしました的な話だけが酒害だと考えている人が多く、そんな体験談を強要する節があるのです。強要しないまでも、そうしなければならない雰囲気があるのです。

真面目な彼は、そういった雰囲気に逆らえず、胸の内を吐き出せない。
他人に相談もせずに独りで思い悩み、最後には酒に逃げてしまう・・・

何度も飲む前に電話してくるように伝えてはいるが、飲んでからしかかかってこない・・・


断酒会だけでは酒は止まらんかも知れんなぁ・・・

もっとも例会場、グループの性質によるとは思うけど・・・

医療も自助グループも完全ではない。
自分に合ったところを見つけることも重要な課題と思う。

俺も決して他人事ではない!

1757ef5b003fd524f5b8-1024




断酒:1149日
禁煙:1988日
前回の飲酒未遂から:89日