皆さんこんばんは、アルコール依存症の庄助です。
おかげさまで酒は止まっております。

久しぶりの更新になります。
最近は特に更新が億劫にってきて、サボタージュがすっかり身に付いてしまいました。ブログに書き込んで吐き出したいことは山ほどあることはあるのですが、ありがたいことに多くの読者に恵まれているのが仇になってしまって全てを吐き出すのが難しくなってきました。贅沢な悩みですが、やはり同じ悩みを共有できる仲間以外には正直にはなれない・・・

これが本音です。


ところで最近気付いた事に、断酒当初と今現在での飲酒欲求の形が変ってきている事があります。

もちろん今でも飲みたいと感じることはけっこうあります。
空腹時に、今日はお好み焼きが食べたいなぁとか、久しぶりに焼肉なんかも良いなぁなんて思うことがありますが、欲求はあっても冷蔵庫の中身や懐具合を考慮して欲求を抑える事ができます。それと同じで、寒い日は熱燗、暑い日はビールを思い浮かべる事はあっても簡単に他のものへ転換できるようになりました。

何処が断酒当初と違うのか?
要するに味覚だけを求め、アルコールによる酩酊を求めている訳ではないのです。

ならば健常者と変らない。
もう、アルコールに依存していないのであれば病気ではないのか?

残念ながら、やはり心底からアル中なんですね〜
日常的にはアルコールを求める事は無いと言い切れますが、鬱々とした気分の時には酒の酔いに逃げたくなります。おまけに酒の味が嫌いなわけではありません。大好きな酒で酔いつぶれる事ができるなら、これほど心の安定を図れるものは無い!

ただ、飲む行為で問題は解決しない事も知っています。
ただそれだけが抑止力になっているのです。


苛々三年、まあまあ五年

長らく忘れていた言葉ですが、苛々が薄れていく中、まあまあの時期に突入しているのがよく分かります。問題は自分の心の中にあります。この根っこの解決は相当に時間がかかるのでしょう。焦らずに取り組む事の意味合いはここにありと感じる今日この頃です。

振り返れば、もうすでに去年から同様のことを感じていたようです。
俺って、進歩ないです・・・

マツバウンラン(松葉海蘭)





断酒:1090日
禁煙:1929日
前回の飲酒未遂から:30日*