子持ち銀河M51の超美麗写真

昨年の暮れに少し風邪気味だったので、いつもなら葛根湯を飲むくらいで医者要らずなんだが、少し気になることもあったので行き付けの内科に行った。
世間ではインフルエンザが蔓延しているのか、待合にはしんどそうな患者さん達が静かに自分が呼ばれるのを待っている。極々普通の光景だった。

ところが、年中お世話になっている精神科はまったく様子が違う、患者が元気!
とても病人には見えない!
特に酒を断ち始めて間のない人たちなど軽躁状態でこれでもかというくらい騒いでいる。
もちろん自分もその元気な患者の一人なんである。

しかし酒を断った元気なアル中でも、たまには本当にしんどい事もある。

じつは、暮れからずっと調子が悪かった・・・
鬱々とした気分に凹んでいた・・・

こういったときにはあまり人と会いたくはない。
精神科に行くときは空元気を出してでも陽気を装わないと、必ず聞かれる。

「どうしたん? 元気ないね。」 (俺、ほんまは病気やねんけど・・・)

これが、じつはとても辛い・・・
気遣ってもらった挨拶なのだが、しんどい時にいちいち説明するのがしんどい!
わがまま勝手な事やけど、しんどい時はしんどいのです。

そんなときにはどうしてもクリニックへ足が遠退いてしまう。
元気な時にしか通院できないクリニックというのも可笑しな話やけど、私の場合はそうなのだ・・・

そんな理由で先週の診察はパスした。
院内ミーティングにも出なかった。
そして今日も出かけずに篭るつもりやったけど、心配してくれる仲間が居るので断酒会の昼例会には渋々出かけてみた。

例会の最中に何度も帰ろうかと思うくらい気分は凹んでいたけど不思議なものである。
仲間の話を聞いているうちに気分が晴れてきた。

松村語録最後の53番目

 聞くは最高の治療

正しくこれだ!

おかげさまでその後、精神科クリニックにも診察を受けに行く気になれた。

M51星雲の子持ち銀河を見ているとあまりにも些細な事にばかばかしくなってくるが、酒がかろうじて止まっているだけでまだまだ感情の起伏には病的なものが残っている。

やはり、仲間から離れて孤独には生きれないようです。

「例会出席一日断酒」 ← やっぱこれが基本形かな。


断酒: 979日
禁煙:1818日
前回の飲酒未遂から:50日*