今日はちょっとマジです。おさらいを兼ねて、こんばんは〜

我々アル中にはアルコールの刺激を絶えず求めるという病的傾向があります。
これを嗜癖(アディクション)とよんでいます。

では何故アルコールを求めるのでしょう?
それは飲酒によって現れる報酬があるからです。

私の場合、酔うと 紅葉?

 気持ち良くなる
 リラックスできる
 気が大きくなって恐れがなくなる
 食欲、性欲、睡眠欲が増進する
 etc

人は報酬があるとやる気が出ます。
しかし繰り返すことで報酬に耐性が出来ます。
そうなると乱用するようになるのです。
それが嗜癖です。

また、

 痛みを忘れられる

という、理由から飲む場合もあります。
これは報酬とは少し違って、鎮痛という効果なのです。
広義な意味ではこれも報酬かもしれないけど、この鎮痛を求めて乱用すると同じくこれも嗜癖になります。


 報酬効果
 鎮痛効果

これらの効果を求めて飲酒という嗜癖を繰り返すうちにその依存が形成されてしまうのです。依存が形成されてしまうと報酬を求めて飲むのとは違い、離脱症状を避けるために飲むようになります。もう理屈抜きで飲まないと苦しいから飲むのです。
(初期の依存-精神依存-では、まだ離脱症状で苦しむ事はありません。)

しかし、断酒することで離脱症状はなくなります。
そして、断酒継続する事で依存も回復します。
(飲酒のコントロール障害は残念ながら今のところ回復しませんが・・・)


私は今まで気持ち良くなりたいがために飲酒欲求が起きると思っていました。
そして、その欲求は一年間くらいの間つづきました。日増しに欲求は少なくなってきています。にもかかわらず、稀に起きる飲酒欲求は何なのか、どうも以前の報酬効果を求める欲求とは種類が違う。そんな風に感じていたのです。

やっと気付きました。
心の痛みから開放されるために鎮痛効果を求めていたのです。
これは当初の欲求とは明らかに種類が違います。
戦いの上で敵を知る事は重要です。飲酒欲求の正体が分かった事は私にとってとてもプラスな事なのです。

アル中にはいろんな種類の人間がおります。アル中に至るまでの過程も千差万別。アルコールを求める理由もみんな違うのです。


断酒を継続する方法に基本はあっても絶対はありません。
たかがアル中、何年酒をやめていても他人を変えることは出来ない!
自分に合った回復方法、試行錯誤しながら手本を見つける以外に手立てはない。

幸いにも自分の周りには見習うべき手本となる先行く仲間がたくさん存在する。
手本さえ誤まらなければ大丈夫!

おかげさまで、今日も素面で過ごせそうです。^^♪


今日は、読み逃げ厳禁!
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

<追記>
読み逃げ厳禁!(font size="5")表示の効果は凄い!

ランキング ブログランキング 6日23時48分現在




IN:270ポイント獲得 って、ものすごい結果です。
いつもは、100ポイント前後なので3倍に近い応援ポチを頂いている事になります。
ご訪問は197名様で大体ふだん通りなので、いかに効果が高いかがよく分かりました。^^

皆さん、ご協力ありがとうございました〜m(_)m