最近ミーティングに出席しても癒しをあまり感じなくなってきている。
赤裸々な酒害体験を聞くとそれなりに自分の過去を重ねる事で戒めにはなる。
しかし正直なところ、飲んでどうなるかはもう十分わかっている。
確かにのど元過ぎて忘れかけている事もあるが、自分で振り返る作業をすれば事足りてしまう。

きっと、こういうことを平気で言う俺は謙虚さに欠ける横柄な自己中なのかもしれない。しかし、俺が一番求めているのはアル中の心の叫び!


酒を断ち始めて、2年目、3年目に再飲酒してしまうひとは多い。
最近の自分がその危険の最中にいる。

しかし、その時期の人たちが例会でしゃべるのは、過去の赤裸々な酒害体験であり、今現在の心の叫びは話さない。むしろ、教科書どおりに

 以前は酒で失敗ばかりしましたが、今はおかげさまで飲みたいとも思いません。
 これも**会のおかげです。これからも例会出席一日断酒で頑張ります。

失敗談は聞いていて堪える。
そして自分も同じ過ちを犯さないように戒められる。
しかし、この人たちに飲酒欲求はもうないのか?と思うと、自分だけが取り残された気分になる。現実に自分だけが取り残されているのなら、それが自分の実力ならば仕方が無い。何か取り組み方が間違っているのである。

しかし、こういった『教科書通り』の体験談を話す人たちも再飲酒する。
今まで見てきて、失敗する人の体験談はみんな教科書通りなんである。

たぶん、みんな飲みたいと感じていたはずである。
きっと、飲むための心の準備があったはずである。

 飲みた〜い!って叫べよ!

 ちきしょう、もう断酒なんて止めじゃ〜
 もう、今から飲むんじゃ〜

何で正直に心の中を吐き出せへんねやろ?
**会にはそれを言ってはいけない風潮がある。
そして、そういった暗黙のルールもある。

些細な事かも知れんけど、
俺にとってはものすごく矛盾を感じるところである。

過去の失敗談も大事やと思うけど、今現在の心の叫びを聞かしてもらわんとカタルシスはないのとちゃうかなぁ〜

正直な飾りのない心の叫びを吐き出さんと癒しはないのと違うかなぁ〜


自分のブログやし、吐き出したら楽になりました!
皆さんからのご意見も大いにあると思いますが、回復途上のアル中のたわごとです。
お手柔らかにお願いします。


もし、かわいそうなアル中やと思われた方は、応援ポチお願いいたします。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ