寂しい〜〜〜

あ〜、吐き出したらすっとした!
今更ながらなんですが独り暮らしは堪えます。
出かけるときに独りでドアに鍵かけて、明かりの灯っていないむさ苦しい男所帯に戻ってきても話し相手もなく、自分ひとりの飯など適当に手を抜いて孤食する。

自分の悪酒の結果が今である以上仕方の無いことやけど、正直なところ話し相手がいてないというのは寂しい。

傷めている膝にシップを貼り、膝をかばって出てきた腰痛にシップを貼ろうとしても、これが結構大変なのだ。人が独りでは生きていくのは難しい、そして侘しい。

彼女を作ろうにも今の甲斐性ではとても無理、なかなか前向きには考えられない。
ヒモ生活は向いてないし、ほんまに生活力のない自分に嫌気がさしてしまう。

そんな状況に焦りを感じてた。
ここ最近の不安定な気分、確信犯的な飲酒未遂、焦燥感から酒に逃げようとしていたのだと思う。

そこで気付いた!
孤独を楽しめばええんや。
貧乏でもその分時間は有り余るほどある。

いつも自分で言ってた『アディクションの置き換え作業』
トレーニングが出来ない事に拘りすぎて忘れていた。
開き直って今の生活を受け入れてやれば苦しくない!

そう思えばずいぶん軽くなりましたよ。

ウォーキングに毛の生えた程度のスロージョギングも始めてみました。
時たま膝から下を切って捨てたくなるほど嫌な痛みはあるがゆっくりの5〜6キロなら何とかなることが分かった。大阪城

やっぱ、汗をかくのは気持ちいい!

断酒 807日
禁煙1646日


今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ