断酒 757日
断煙1596日

新型インフルエンザ騒動もどこ吹く風で、あれほど多かったマスク姿も街中からはほとんど消えてしまった。実際、6月3日現在では国内感染者は総数406人、大阪府では新規に2名増えただけで収まっている。弱毒性でも強い感染力を誇る新型は高温多湿の梅雨に向かって一先ず終息を迎えそうな気配だ。

様子を見ながらここ半月間ほど、院内も自助会も例会への参加は控えていたが、今日から復活してみた。半月もの間、一度も例会出席しなかった事などアルコール依存症の診断を受けて初めての事だ。幸いにも今のところ飲酒欲求は遠退いているので不安は無かったが何故かコンディションがよろしくない。

アル中としては非常に好ましくない感情が芽生えてきている。

今まで居心地が良かったはずの、クリニックや断酒会の仲間達との関わりが鬱陶しくなってきた。何が不満なのか自分自身の気持ちを整理できないが、何故か自分の居場所が無いような閉塞感を感じる。仲間達との距離を詰めすぎたのかも知れない。

久しぶりに生き辛さを感じる。

回復に向かって一皮剥けはじめたのか?
それとも単なる神経症(精神病?)患者の根っこにある病症なのか?

鬱々とした状態で何もやる気が起こらなかったが、なんとかブログに吐き出しているうちに少し楽になってきたが・・・

久しぶりに眠剤かじって寝よう!OAP


今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ