久しぶりに断酒会ネタです。

いつものことながら、私自身の主観と偏見の塊の日記です。
「断酒会命」という方はご気分を害される可能性が大いにありますのでこの日記はパスしていただく事をお勧めします。

昨年の話なんですが、某例会場で小さな喧嘩があったそうです。
当事者を双方共に私はよく知っております。

片方は元格闘家、もう1人は格闘素人。
不味い事に素人の方が元格闘家にワンパンチお見舞いしたらしい!
元格闘家は手を出し返さずに我慢したそうである。

この内容だけ聞けば、手を出した素人の方が圧倒的に不利な立場である。
理由は何であれ手を出すのはよくない。

しかし、この話を耳にしたとき、


 よーやった!
 えらい!
 そやけど、どうせやったら、何でボコボコにいけへんかってん?


不謹慎ながら、これが私の感想です。
あとあと、会長会議等で問題にはなっているみたいですが、手出しをした方のみが悪者扱いになっているような感じです。しかし、手を出された方にもそれなりの理由はあるやろう!と、私は思うのです。

もちろん、暴力を肯定する訳ではありません。結果だけで物事を判断するのではなく、原因も考察しない限り問題は解決しないと思うのです。

私は断酒会の会員ですが、現在例会回りはほとんどしていません。
なぜなら、自分がこの事件の当事者になる事を強く予感していたからです。
それを未然に防ぐには、

 「君子危うきに近寄らず」

この姿勢しかないと判断したからなのです。


断酒会には純粋に酒害からの回復を願う多くの仲間が集います。
回復の過程は様々、十分に寛解している人、早期寛解の人、スリップ癖の付いている人、まだ酒を止める事ができない人、酒害からの回復を願う気持ちは同じです。

しかし組織であるが故、お山の大将を気取る詰まらぬ充足感のためだけに組織を私物化する阿呆もおるわけです。

残念ながらこのような阿呆達がトップに立つ例会では、せっかく止まっている人間までもがストレスの余り、飲みだしてしまうでしょう!

それも試練、勉強の場ともよく言われるが、それほど出来ている人間ならばアル中などに身を落とさない!

これから酒害からの回復を目指す人たちのためにも、健全な断酒会であらん事を祈る!


今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ