友人が撮影した映像をふと思い出し探すが見つからない。

確か、分割したファイルをネットでやりとりしたはずだが、ハードディスクの何処を探しても見つからない。CDにも焼いたように思うがCDも見当たらない。昔からMOやCD−Rのメディアを使っているのでどこかに残しているはずだが見つからない。

いつも酔っ払っては要らん事をしてハードディスクをクラッシュさせていたからなぁ。
バックアップを取らずにデータを飛ばしてしまったかも知れない。
しかし、CDは焼いたように思うが・・・

今更ながらではあるが、記憶が曖昧なんである。
いつも、酔っぱモードやったからなぁ!


とある友人とのメールのやりとりをここ最近10年間分くらいを読んでみた。
その紛失したデータの行方を捜すためである。

しかし覚えていない。
実際自分と友人とのやりとりのメールの内容をだ!


ふーん、そうやったんや!

へー、そんな事もあったんや!

あ、そうそう、そんな事もあった気がする!


他人事のようだ。
なんとも曖昧極まりない。
ほとんど覚えていないんである。
たった10年ほどのことやのに・・・

まるでブラックアウトしている自分の映像を見せ付けられているようだ。
酔っ払っているはずの自分の書いてる文章が妙にしっかりしている。
俺ってアホではないなぁ!って感心するような内容のことを書いている。
しかし今はそれすら覚えていない。
まるで自分でない別人のようだ。

もったいない話である。
少なくとも過去のその時点では持っていたはずの知識が今現在無い!
これって、ただ単に無駄な空白な人生を送ってきただけって言うことになる。

ドキッとした文面もあった。
些細なことをきっかけに激怒しているのである。
自分の文章を読んで恐ろしいと思った!

きっと友人は驚いたことと思う。
さぞかし頭にきたことだろうと思う。
なにも、そこまで書かなくともと・・・


たった一人の友人とのやりとりだけでこのように感じるなら、毎日一緒にいた分かれた女房はきつかったやろうなぁ。おそらくまともな会話は出来ていなかったと思う。さらには急に怒鳴ったりしてたんやろなぁ。

アル中の喜怒哀楽が激しいのは頭では分かっていたつもりだが、改めてその事実の片鱗を垣間見た気がする。


「人の振り見て我が振り直せ」ってよく言うが、過去の我が振り見て後悔した。

多分、沢山の人を傷つけたんやろう!

自分が気付いてないだけで、恨まれてるやろなぁ!

何時、刺されてもおかしないやろなぁ!

今更謝っても遅すぎるやろなぁ!

そやけど、誰にどれくらい謝ったらええかも分からん。無差別テロと一緒やん。


まいた種は刈らんとあかんし、吐いた唾は飲めんし・・・

夜道で刺されても恨みません!




すみません、お願いいたします。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ