遅ればせながら、今月1日から隣町の断酒会に入会した。

今まではどの自助グループにも所属せず、断酒会、AA、酒害教室とジプシーの如く渡り歩いていたが、断酒会は特に無所属は通しにくい感じなのでついに年貢を納めることにした。

以前の日記にも書き込んだが、地元断酒会の例会場は我が家と道路を挟んだ真向かいのビルにある。近くて便利なのだが、なんとなく相談相手にも恵まれず、少しずつ足が遠のいてしまった。隣町の断酒会例会場は我が家から4キロくらいのところにある。地元に比べれば少しだけ不便だが、なんとなく会員間の交流が取りやすく感じるのだ。実際のところ色々と指導を受けたり相談に乗ってもらっているのもこちらの方なのである。どちらの例会も毎週金曜日と重なっていたので悩んでいたが、やはり単純に相性の良い方を選んだ。地元断酒会の例会には出席できなくなるのが少し残念ではあるが致し方ない。

別にどうって言うほどのことではないが、断酒会員になったことで本気で断酒に取り組むという感じを自分なりに持ちはじめた。もっとも、今までも必死のパッチではあったが、なんとなくけじめと言う感じかな?


今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ