今夜は断酒後の経過をふり返ってみる。

先ず山形飲酒の頃はアルコールを受け付けなくなって2〜3週間断酒しても手の震えは止まらなかった。汗、痙攣、動悸、下痢は断酒後、5日間が山でそれを過ぎるとなくなりはしないが軽減する。しかし、皮膚掻痒感、不眠に関しては軽くなる気配もない。

結核で入院し約1ヶ月断酒すると手の震えは止まった。普通に近く文字も書ける。水のような下痢も軟便になる。動悸、汗、皮膚掻痒感、不眠も軽減する。悪夢は20日間くらいの断酒で見なくなった。無意識に暴れることもなくなった。

離脱の山は5日から1週間、これが最大の山場。それだけに非常に苦しい。
次が3〜4週間くらいに山がある。これを乗り越えると苦痛に感じる離脱症状は軽減される。

スリップと断酒を自己流で繰り返し、全体的な飲酒量が減ることで大きな手の震えは無くなった。しかし緊張すると冷や汗、全身の震顫、動悸はパニック症として現れる。

それと忘れてはならないのが、いきなりズキッとくる痛み下肢に多く感じた。それと手と足の痺れ感。正座を続けたときのような痺れが足の親指側と手の小指側に常時出ていた。これも約1ヶ月間の断酒で消えていく。

専門医に繋がってその日から再度断酒はじめる。自己流の断酒のときは不眠で一晩中離脱に苦しんだが、クリニックで処方してもらった睡眠導入剤と睡眠持続剤がよく効き、寝ている間は離脱の苦しみから開放され、比較的楽に断酒はじめることが出来た。といっても最初の一山(1週間)は苦しい!

断酒2週間目頃、突然激しい動悸とこむらがえりが1日中再発する。特に変わったことは無いので原因は分からないが苦しかった。しかし1日だけで終わる。

3週目から4週間後くらいまで食後の動悸が激しくなる。細かな不便を感じるほどでない程度の手指の震えもおきる。どうもこれは空腹時のようだ。血糖値が深く関係しているように思う。さらに、アルコールに対する未練からか、飲酒欲求もわいてくる。ちょうどこの頃断酒1ヶ月を目前に第二の否認が始まる。

「本当に俺はアルコール依存症なのか?」というかたちの否認。

偶然にも痔の手術を受けることで、飲酒欲求は術後の痛みで押さえ込まれる。しかし、この頃から副鼻腔炎が悪化し、胴回り、胸、背中、首とニキビ(ざ瘡)が大量に出来る。同時期に左肩に突然痛みが出はじめ、肩関節の可動範囲が狭くなる。どれも現在進行形。

皮膚科(ニキビ)、整形外科(肩)を受診するが原因は不明。対処療法を受けるが治癒しない。副鼻腔炎に関してはCT撮影の結果、手術の必要はないそうだがこれも現在服薬治療中。

まるで断酒を始めたことがきっかけで、どんどん体が悪くなって行くかの感じを受けるが、前向きに「好転反応」と受け止めることにしている。


しかし昨夜、久しぶりに地元断酒会の例会に出席して名簿に名前を記入しかけると、手が震えて字がまともに書けない。心臓もバクバク。これって何?パニック?断酒もまもなく4ヶ月になろうとするのに!

なぜ?

今日、精神科のドクターに予定外の診察を受け、たずねると「分からない」と答えられる。ここまでくると好転反応なんてのんきな事は言ってられない。元シャブ中の友達と話すと、彼女も鬱とパニックと吹き出物に悩んだという。吹き出物は現在はないらしいが、自分と同様のパニックはあるようである。

やはりドクターは依存症の経験が無いから臨床と統計でしか理解できないのである。やはり仲間でないと理解しあえないものがある。残念なことだが仕方ない。それを知っただけでもパニックは遠ざかりそうな気がする。


飲酒欲求や離脱症状ではなく、別の戦いが始まりかけている。
「アルコール依存症」とは、本当に厄介な病気である。


今日頑張れば、断酒116日!



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ


<2013年2月17日追記>

第二の否認について、間違った解釈をしていました。
一度認めてから再度否認するという意味ではなく、酒以外の問題を認めないということを『第二の否認』と呼ぶそうです。間違った記事の内容で混乱をまねいてしまったことをお詫び申し上げます。m(_)m

参考に
アルコール依存症用語集:否認の病


    Share (facebook)

コメント

 コメント一覧 (19)

    • 1. nisibiasahi
    • 2007年09月01日 22:10
    • 僕もスタイルは違いますが、少し頑張ってます。
      コメントが書きづらいですが、

      とにかく応援してます。
    • 2. syousuke
    • 2007年09月02日 00:21
    • nisibiasahi さん、こんばんは。
      入れ違いでしたね。nisibiasahi さんのブログを久しぶりに読ませていただいておりました。本当に頑張っておられますね。とても刺激されました。暖かい応援ありがとうございます。今が正念場と思って頑張ります。またブログの方もお邪魔させていただきますね。
    • 3. happy
    • 2007年09月02日 21:21
    • うちの亭主も肩が痛いと悩んでいます。
      私は、「寝過ぎじゃないの?」なんて軽く受け流しいますが。
      断酒をには3という数字がいろんな意味で大きな数字だと。
      飲みたくなったら先ず30分我慢、そして、3日、3週間、3ヶ月、3年、と。
      3年やめている人がその山を越えられずに再入院ということも昨日の例会で話しが有りました。

      精神科の先生も3月前後というのが、断酒や、鬱に関しても波が有ると言っていました。

      shyousukeさんの場合も3ヶ月達成からの山かもしれないですね。と、医師ではないので勝手なことは言えないんですが。

      私もパニックを抱えていて、薬を手放せない状態ですが、そんなときは、お守りとして、安定剤を飲むのも一つの対策です。
      不安を抱えていると良い方には回らないと思います。
      薬の力を借りてでも、穏やかに自分を保てるように頑張って下さい。

      お友達の知識として聞き流して下さい。
    • 4. syousuke
    • 2007年09月02日 22:08
    • happyさん、こんばんは。
      ご主人も肩が痛いと!
      いやぁ、逆に安心しました。うちの先生は「分からん」とか「気のせいや」って言葉を平気で使います。で、なんで?って余計に気になるんです。安定剤も出してくれません。っていうか多分、抗鬱剤がパニックにも効くはずなんですが・・・
      名医なのか藪なのか、時々こちらが分からんようになる先生なんです。ちょっと変わり者で困ってます。でも、大阪では名医で名を馳せてるんです。断酒の山ということで納得しておきます。ありがとう!少し気が楽になりましたよ。
    • 5. れおわんわん
    • 2007年09月02日 23:06
    • 私もいまだに色々な後遺症のようなもの?が、あります。
      足指の痺れが治ったのは最近だし。異常な発汗もアルコールを断って1年くらいは続いてました。パニックも忘れた頃にやってくるし。
      でも、過去に精神的、肉体的に自分自身をどれほど傷つけたかを考えたら、すぐには治らないことぐらい明白なんだ。と、それでも、それなりに前に進んでいるさ。と楽観的に考えるようにしてます。
      と、言いつつ今は少しダウン気味で膿が溜まっていくのが分かるような状態ですが。

      あ、ネガティブな書き込みごめんなさい。
      とにかく、仲間もいるし。どうにか乗り越えていきたいですよね〜
    • 6. 由美
    • 2007年09月03日 01:03
    • 我が家のダンナも3年断酒したときに、顔中にきびで膿んでしまいました。
      背中もひどかったですね。皮膚科にもずいぶんかかりましたよ。
      でもなかなか治らなかったですね。
      体をあれだけアルコールで痛めつけたのですもの、しかたないのかも。と思いました。
      何年間もひどかったですが、今はきれいに治ってます。
      しかし、今度はアルコールを飲むと出てくるようになりましたよ。
    • 7. syousuke
    • 2007年09月03日 20:20
    • happyさん、
      今日の院内ミーティングでの体験談で、一昨昨日に大スリップしたと言っておられました。7年半も断酒していた方です。一昨日、お友達に体を縛り付けてもらい一晩離脱を監視してもらったと、壮絶なお話を聞いたところです。
      どれだけの期間断酒しても、一杯の酒で元に戻るんですね。本当に恐ろしい病気です。
    • 8. syousuke
    • 2007年09月03日 20:44
    • Leoさん、
      元気ないんですね。元気印のLeoさんでもダウンするんや!それと、後遺症!それほど気の抜けない難儀な病気なんですね。私なんぞ、断酒初心者に後遺症がでるのは当たり前なんですね。納得しました。次の診察でF院長に言ってやろ。なんで、「分からん」って言うんですか?って!
      ところで、Leoさんの断酒期間ってどのくらいなんですか?
      点滴はずいぶん前から受けておられないようですし、かなりの期間、ソブラエティーなんですよね。(AA用語ではこういう風に使うのかな?)
      Leoさん、一緒に頑張りましょうね。
    • 9. syousuke
    • 2007年09月03日 20:56
    • 由美さん、
      由美さんのご主人もですか!それも3年も断酒して!
      まぁ、個人差はあるはずですが、3年断酒続いても後遺症はあるんですね。でも、断酒さえ続ければ回復する。ということなんですね。ある意味で安心しました。ものすごく心強いコメントです。いつもありがとうございます。やはり持つべきものは仲間ですね。助かりました。


      happyさんのご主人の「肩」、Leoさんの忘れた頃の「パニック」、由美さんのご主人の「ニキビ」。これほどヒット率が高ければ飲酒が原因であることは間違いないですね。のんびり時間をかけて取り組んで行きます。しかし、うちの院長はやっぱり、「やぶ」かな?
    • 10. happy
    • 2007年09月03日 21:33
    • アルコール依存症は本当にやっかいな病気です。
    • 11. Leo
    • 2007年09月03日 21:55
    • 私の断酒暦はまだまだですよ〜。お酒をやめてから2年とあ、ちょうど昨日で8ヶ月です。
      ちょっと腐った書き込みをしてしまってごめんなさいでした。
      今は元気です。
      私の場合身体を動かすことと、食べることが一番。
      みたいです。
      ところで、Fクリニックの院長。彼は彼の意見を私たちに言わずに私たちが何を思っているかを聞き出すタイプなのかもしれない?って思いました。もちろん患者によって色々な接し方をしているんでしょうけどね。
      私はあの先生好きですよ。あ、でも、好きとヤブである事は関係ないか〜
    • 12. syousuke
    • 2007年09月04日 00:40
    • >happyさん
      本当に厄介な病気ですね。
      強烈な飲酒欲求こそわかないようになりましたが、常に何かに揺れ動いています。少しずつは安定してきているような気はしますが、たった未だ4ヶ月ほどです。この先、続けることできるのかな?って疑問までわいてきますが、今日一日、いや、あと30分頑張ってみます。

      >Leoさん
      私の禁煙暦とほとんど同じなんですね。2005年1月20日からなんです。関係ないですね。でも、覚えやすいです。
      今は元気なんですね。安心しました。Leoさんは元気はつらつなのがお似合いです。私も基本的には体を動かす系なので、もう少し回復したらのんびりと河川敷あたりからはじめてみようと考えています。歳を考えながら。(笑)
      私もF先生大好きですよ!なんと言っても、私に断酒決意させたんですから!
      やっぱ、名医なのかなぁ?
      「やぶ」な気もする・・・(汗)
    • 13. 恵子
    • 2010年01月23日 13:29
    • 4 主人もアル中です(でした)昨年5月末、トイレで倒れ、そのまま入院。それからも壮絶な日々。アル中は家族が1番大変です。私は今、鬱状態なり閉じこもり…主人が退院してからも24時間体制で見張ってましたがコンビニで、街のベンチで、歩きながら、なんせ私の目を盗んで飲み続け私はノイーロゼ状態。離婚も考えました…が生活あるし。アル中は、家族を巻き込む病気です。私は死にたい。もう主人のアル中が嫌です。今は飲まないで居ますがいつ戻るか解らないし、ボケーとして世の中に付いて行けないし…話さえキチンと出きません。頭が変なんです。何かヅレてて。もう嫌だ。アル中は一度なったら終りです。
      私は今、一日中、寝てます
    • 14. syousuke
    • 2010年01月23日 17:52
    • >恵子さん、はじめまして!
      > 24時間体制で見張ってましたが
      ↑これはよくないと思いますよ。
      飲もうがどうしようが放って置く以外に方法はありません。
      飲むなといわれるとどんな手段を使ってでも飲むときは飲む。それがアル中です!
      本人が止める気にならない限り絶対に止める事は出来ないのです。
      アル中に振り回されずにもっとご自分を大切に!
      それと、医療や自助グループの家族会に参加して、アル中の家族として、アル中の対処の仕方を勉強される事をお勧めします。大変だと思いますが、闇雲にアル中に対処しても逆効果になる事が多いので・・・
    • 15. 恵子
    • 2010年01月23日 22:36
    • syousukeさん、初めまして。貴重なコメントありがとうございます。何となく、ホッとしました。有難う。うん…頑張り過ぎて自分をダメにしてた私のようです。あなたのコメント、何回も読み返し涙しました。私、横浜に住む50代主婦です。娘も孫も居る、ごく普通〜の主婦だった。今は主人飲んで無いと思いますが、何だかカプセルの中に居るような感じ。世捨て人みたいな…あなたの回りにはアル中の人、居ませんか?
    • 16. syousuke
    • 2010年01月24日 02:13
    • >恵子さん、こんばんは〜
      分かれたかみさんも恵子さんと同じ気持ちだっただろうと思うととても耳が痛いです。そして、やはり酒に溺れる事の罪深さを改めて感じます。
      僕の回りは、僕を含めてアル中ばかりです・・・
      もちろん断酒中、もしくは断酒しようと頑張ってるアル中ばかりですけど、、、
      しかし、皆いつ再飲酒してしまうか分からないだけに今一度初心に帰れました。
      今日も一日断酒で頑張ります!
      恵子さんもあまり思い詰めずにね。
    • 17. ミモリ・モリ
    • 2010年02月04日 20:52
    • こんばんはsyousukeさん。

      断酒後の経過。
      離脱症状の様子がとても参考になりました。どのあたりに断酒のヤマ、否認が来るのか分かり、その頃には自戒しようと思いました。
      まことに勝手ながらプリントアウトさせて頂きました。
      時々見ながら、一日断酒を続行していきたいと思います。
    • 18. syousuke
    • 2010年02月05日 02:19
    • >ミモリ・モリさん、こんばんは〜
      いやぁ、改めて読み直してみると恥ずかしい〜^^;
      症状に関しては個人差はあると思いますが目安にしていただいて良いと思います。
      しかし、自分のコメントレスを読んでみると凄いドライドランクですね。(汗)
      ほんまにお恥ずかしいです。(笑)

      では、改めて一日断酒で!
    • 19. アル中のせっちゃんです
    • 2013年03月18日 19:01
    • 断酒 二ヶ月です   一日中眠たく だるいです
      当たり前に 生きて行けるか不安です


コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック