かったるい日が続いている。

しかし、今日は外科の診察日、術後2ヶ月目の診察である。
かったるいけど、行かんとあかんなぁ。と思いながら5時起床。

外来診察が9時からで受付が8時から、なにせ肛門科としては名を馳せているドクターなので、7時には病院に着くが既に2番目。のんきに診察開始の9時頃に行った日にゃあ、5時間待ちは当たり前なのである。

このドクターの外来診察は半日が週3回、月、木、金である。で、木金は完全予約制。予約も約3週間待ちなので月曜早朝に待ち伏せるのが一番の得策ということで今日のアクションを起こした。

再診受付機は8時まで電源は入らない。病院の玄関は開いているが、エアコンもまだ入っていない。まぁ、覚悟の上なので読書でもしながら待つことにする。

が、先に来てるおっさん、6時着らしい。ま、何時に来ようがかってやけど、時間つぶしに話しかけるのはやめてくれ〜

最初は挨拶がてら「おはようございます」から入ったが、聞きもせんことをあーやら、こーやら、一から十まで事細かに説明してくれる。ええ加減堪忍してほしい!
腹切ったや、ケツ切ったなんてどうでもええ話や!
あんたのかみさんの病状まで聞いてもしゃぁないっちゅうねん。

って思いながら、年寄りを無下にも出来ず苛々しながらお付き合いするが、もうええ加減小一時間も続くと辛抱たまらんで本を読みはじめる。しかし、語りかけは一向に止まらない。
ほんまにええ加減にしてくれ。気付けよおっさん!


あんまり無神経なんで、気の毒やとは思いながら、

「すみません。俺、ちょっと本読みたいんで!」

やっと語りかけは終わったが、今度は独り言をぶつぶつ喋り始める。

はぁ〜、堪らん。堪忍してくれ〜


で、8時過ぎ外科受付前に移動し診察を待つことにする。予約券は2番なので、一人15分としても自分の診察は9時半には終わる。これなら精神科の基礎講座にも十分間に合うなぁと考えながら、ふと外科受付の診察券入れを見ると別のドクターの名前が・・・

受付も9時まで無人なので、警備のおっちゃんに聞くと、目的のドクターは夏休みを取ってるらしい。ええ加減にしてくれよ〜 たのんますわ〜

7月の第一月曜に退院後の診察に行って、次回はいつ頃来させて頂いたらいいですか?って質問したら、一ヵ月後に来てください。って言われたから今日、8月第一月曜日に早朝から行った訳ですわ!


それは無いやろ! ええ加減にしてくれよ!


代わりのドクターでも診察できますが、って、何が悲しゅうて執刀医以外に見てもらうために早朝から来るやつが居るねん!


せっかく、鬱った気持ちを切り替えて動き出したらこれや!
なんかどうでもええわ、って投げやりな気分になってしまった。
おっさんの愚痴交じりの無駄話を千度聞かされた挙げ句の果て、来週出直し。

何とか気分入れ替えて、いつもの精神科へ向かうが、疳が立ってしゃぁない!
めちゃくちゃ苛々する。
誰か喧嘩売ってくれたら速攻で買いたい気分!



いつもの精神科へ着くと受付で、
「おはようございます。小原さん来られました〜」

A看護婦さん、すれ違いざまに
「今日は早いのね。」

点滴のベッドで、B看護婦さん
「どう?調子?」

「いやぁ、なんか、だるうて!」

「この病気はね、気分にも波があるからね。で、基礎講座どうする?」

「ええ、考えてたんですけど、今日は止めとこかな?」

「無理してもあかんからね。先生に聞いてみたげる。」


なんか、みんながすごく気に止めてくれてるのがひしひしと伝わる。

「先生ね、出れたら出たらいいし、出たくなかったら止めてもいいって!」

「じゃぁ、今日は止めときます。診察だけ受けて帰りますわ。」


診察を受け始めると、ドクターは

「なんか、調子よくないって?」

「ええ、だるくって何する気にもならないんです。」

どうせ、気のせいやって言われるのが落ちと思ってた俺はそれ以上何も話す気はなかったが、ドクターはカルテを見ながら、

「この前、院内ミーティング途中で帰ったな!」

「どうも、AA行ってから調子悪い見たいやな。」


よう細かいとこまで観察してるやん。真剣に驚いた俺!

ドライドランクやな。鬱状態になってるんや!薬だしとくわ。」


なんかええ加減そうで、きっちり細かいとこまで観察してくれてるドクター。転院してまで選んで良かった。この先生なら信頼できる。きっと、俺を回復させてくれる!


スリップしそうになった時、仲間に電話で助けられ、

死にたいほど投げやりに成ってるときに、ツレのメールで助けられ、

今朝、切れかけてるときに、いつものクリニックで助けられ、


100日は絶対断酒したる。

鬱が、なんぼのもんじゃ!

ドライドランク、いつでもかかって来んかい!



断酒90日目



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ