土曜日にFクリニックのミーティングにいつもどおり出席したら、F院長先生と顔を会わせたとたんに、「昨日、断酒会行ってきたんやて?」

なんで知ってはんの???
あまりの驚きに訊かずじまいです。
おそらくは、断酒会の古株さんが土曜日に院長先生の診察を受けに来られてそのときの報告だろうと思うが、あまりにも情報の伝達が速すぎる!
第一、この断酒会は初診で見切りをつけた「Kクリニック繋がり」の方がほとんどなんである。

それほどアル症治療の世間が狭いということなんでしょうねぇ。

それともうひとつ驚いたことに、この断酒会の会場が、自分の住んでいるところの道路を隔てた真向かいにあるビルの15階の多目的会場であったこと!

真向かいですよ! 真向かい!
糸電話で話せる距離なんです。
近すぎて行きにくい。迎えに来られそうで・・・(汗)

絶対に住所は言わんとこう!
AAとかも回ってみたいのに、
下手したら、一生引越しするまで足抜けでけんような事に・・・

「縁」といえばそれまでやけど、なんと恐ろしい偶然やろ!

「断酒続けなさい」という運命なのかなぁ?

それとも「断酒会」とは、糸電話の「糸」ではなく、「赤い糸」?

きしょくわる〜 


今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ