Amanita pantherina




以前にも書いたが、中島らも著「今夜すべてのバーで」を貸してくれた友人が、過日、痔主退治の入院時に持参してくれた本のタイトルだ。

さて、この奇妙なタイトルの意味は?っと考えていて最初にイメージしたのは、昔バリ島で食ったことのある「マジック・マッシュ」だ。実際には毒キノコの「デングダケ」の学名らしい。いかにも「らもワールド」である。と同時に俺の連想は当たらずも遠からずというところであった。もっとも「らもワールド」に首を突っ込んでいれば誰でもそんなところだろう。

しかし、何度読み返しても面白い!
この文章は、ラリってないと素面では書けない。
薬学や大脳生理学の小難しい文献をラリ中が訳した文庫本であると同時に、こうあってはならないという元ジャンキーの体験談である。

「今夜すべてのバーで」を読んだとき、アル中としての共感で俺の頭の中はあふれてしまった。今回の「毒キノコは」若かりし頃の懐旧の念であふれた!

アンパン、草、チョコレート、エル、コーク、エス・・・
おまけに植木市でサボテンを買いあさったり、青バナナの皮の裏筋を集めて乾燥させたり、自分の経験とダブりすぎる。しかしさすがに「ガマ」の毒腺に幻覚性のアルカロイドが存在するとは知らなかった。

今になって思えばお決まりのコースやけど、あれだけ露骨に情緒的に美しくもジャンキー臭い文章はなかなか書けるもんではない。改めて「中島らも」を尊敬してしまった。命を削って書いた代償に値する迫力がある。まさしく「鬼気迫る」のである。

しかも、「シャブは下品」と言い切るところがすばらしい。
「らも」は3回経験して3回目に往生したらしいがその内容が手に取るように分かる。もう当の昔に時効なので白状するが、俺も一度経験している。表現の仕方こそ違えど俺も同じ感想である。シャブ初心者にとって常用者の使用量は死ぬほど苦しい!


「あなた人間止めますか?覚せい剤止めますか?」

「人間止めたいからシャブ打ってるんや」


警視庁も下らん広告に金使うなら、シャブから更生した人を講師に雇って、学校での講演にでも回らせろ!的なくだりがある。(正確な引用ではないのであしからず)

まったく持って同感だ。出来ることなら予防接種のつもりで少し危ない量を経験させたほうが良いかもしれない。そうすれば俺のように絶対に手は出さなくなる。「らも」の4度目が無いのと同じである。ポンプを使わなくても経口摂取すれば、あの「苦味」も経験できるので美味いものでないこともついでに理解できる。


話は変わるが、最近では新社会人の歓迎会等の一気飲みによる急性アルコール中毒の予防などの意味で、卒業を控えた学生に「アルコールパッチテスト」を行っているらしい。これは非常に良いことだと思う。

アマニタパンセリナ目次
ついでに「保健体育」の教科書として「アマニタ・パンセリナ」を採用すれば良いのではないかとさえ思う。
「ラリ中」「アル中」「ポン中」どれも同じアディクション


自助グループや院内ミーティングで仲間の体験談を聞くことも大切だが、保健体育の授業での予防接種も大切なのではないか?

などと思いながら飲酒欲求を忘れる努力が続く。

断酒63日目


今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ