今日は、通いはじめたクリニックの「サタデーミーティング」というものに参加する予定だったが、寝過ごしてしまって参加できなかった。あ〜自己嫌悪!


自分の人生の中で「睡眠薬」というものにはずっと縁がなかったが、昨年結核で入院したとき、今思えばアル中の離脱症状で不眠を経験し、はじめて睡眠剤を服用した。しかし全く効果なし。「アモバン」という眠剤だった。

主治医に効果がない事を伝えると「ハルシオン」という眠剤を出してくれたが、これも効果なし。寝つきだけは良いが2時間ほどで目が覚めそれ以上眠れない。

退院(脱獄)後、通院で面倒見てもらっていた内科のドクターも眠剤を希望すると「アモバン」を処方する。同じく効果のない事を訴えるとしぶしぶ「ハルシオン0.125」を処方してくれる。しかし飲酒なしで眠ることはできない。更に不眠を訴えると「ハルシオン0.25」を処方してくれるがこれも効かない。結局寝酒無しでは眠れないのだ。

馬鹿正直な俺はドクターに言われるまま、眠剤とアルコールの併用はしなかった。結局眠剤だけでは眠れないのでアルコールを断つことは出来なかったのだ。

アルコールと眠剤を併用するのは効き過ぎるから駄目という理由だった。

と、いうことは・・・
酒に酔った上でハルシオンを飲めばええやんけ!
早速試してみるとよく眠れる。アルコールだけなら2時間くらいごとに目覚め、再度いっぱい飲って寝る。の繰り返しだが、酒と眠剤を併用すると9時間は爆睡できる。
もっと早くに気づけば不眠に悩む事はなかったのだ!


しかしこれでは本末転倒!
不眠は解消してもアル中には拍車がかかる。さらに、眠剤に対する耐性もついてしまう。


ところが今回専門医に処方してもらった眠剤はアルコール無しで十分に効く。


断酒初日
ゼストロミン0.25(睡眠導入剤)X 2錠
ロヒプノール2 (睡眠持続剤)X 2錠

11時間ほど爆睡。夜中に一度トイレに目覚めるが壁伝いでないとふらつきがひどくてまともに歩けない。が、アルコール無しの快眠!
しかし、11時間も爆睡したにも関わらず、目覚めてから3時間はふらついていた。


断酒2日目
ゼストロミン0.25(睡眠導入剤)X 2錠
ロヒプノール2 (睡眠持続剤)X 1錠

独断でロヒプノール2 を1錠に減らしてみる。
9時間ほど爆睡。ふらつき無し。

主治医にこの結果を報告すると、この分量でしばらく様子を見ることになった。


断酒3日目
昨夜の事である。眠剤服用後9時間爆睡。ふらつき無し!
ところが夜更かししてからの9時間なので昼まで寝てしまった。
目覚ましにも気づかず・・・
結果的に予定していたミーティングに参加できなかったのだ。自己嫌悪!


しかし、眠剤との付き合い方が少し分かったように思う。
同じ失敗は繰り返さないようにしなければ!

断酒4日目の今日、まだアルコールは口にしていない。
いつもの苦しい動悸はないが、体のあちこちに虫が這っている。
しかし気が狂いそうなかゆみではない。
通院時の点滴が効いているのか?
理由は分からないがこの程度の離脱症状なら耐えられる。
根性で耐えたる!



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ