酒好きの人間にとってはすばらしいタイトルです。

しかし、内容は厳しい!

俺の事をよく知っている友人が「中島らも」ってアル中の作者の本を貸してくれた。その本のタイトルが「今夜、すべてのバーで」だ。

読んでみると恐ろしいほどに自分に似ている。
感動さえ覚える。
しかし、それは「同類相憐れむ」の例えにある通り、仲間意識の哀れみに過ぎない。

昨年、不慮にも結核にかかり仕事を失うまでは、とあるシステムの運営、保守関係の仕事をしていた。(本業のアパレル関係は自己破産以降復興できていない。)呑み助の多い職場だ。


俺はいつも二日酔い。で、酒臭い息をはきながら出勤しても、

「昨日も遅くまで飲んでたんやねぇ」

この会話で終わり!


俺が酒臭い状態でも、誰も疑いも無く「昨日の酒」と思っている。
いつの頃からか、朝出勤する前に焼酎一合飲るようになった。
出勤途中に飲る事もあった。
時には隠し持っていたポケットボトルで仕事中にも飲る。
そうしないと手が震えて字も書けない。
最悪の状態だ。

で、仕事が休みの日には起きている間中飲っている。
飲んでないのは寝ているときだけ。
仕事が週末の3日間(金土日)なので平日は飲りっぱなし。


結核で入院してしばらく酒を断ったことが良かったのだと思うが、今現在の酒量は減っている。気休め程度やけど・・・
何よりも手の震えが少ない。これはすばらしいことだ!
なんといっても「字が書ける」!

現在、午後に5時間ほど自動車に乗る仕事をしている。
さすがに仕事のある日は朝からは飲まない。
どうも俺には「手かせ、足かせ」が必要なようだ。
「中島らも」も「今夜、すべてのバーで」に書いているが、タイムカードが彼の手かせになっていたようだ。よく理解できる。


頭では理解しているのに飲んでしまう。
手かせのあるときにはある程度我慢も出来る。
しかし、理由を見つけては飲ってしまう。
我慢できるのか、出来ないのか、自分でもよく分からない!

俺は意思の強い自己判断の出来る人間と思っているが、
酒のコントロールはできない・・・
悔しいが出来ない!

変な話であるが、
酒のコントロールができない俺に

「意思が弱い」

って指摘されると、激怒する!
殺してやりたいとさえ思ってしまう。


はっきりいって、
アル中は「キチガイ」です。
多分そうやと思う。

今気がついたけど「キチガイ」って辞書変換せんなぁ。
差別用語やからか?
「キチガイ」って「気狂い」って事です。

俺は、「気狂い」です!

死ぬまで直らんかも?
生きてる間に他人様に重篤な重大な迷惑をかけなければよいが・・・



今日も読んで下さってありがとうございます。
ついでにクリックしていただけますと嬉しいです。2008-05-29追記
   ↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ